コールドフィート計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コールドフィート計画(コールドフィートけいかく、Project COLDFEET)は、放棄されたソビエト連邦北極調査基地から情報を取り出すことを目的とした1962年に行われたCIAの活動である。

その調査基地はその滑走路が氷丘脈によって破壊され使用不可能になった後に放棄され[1]、そして基地は北極海で押しつぶされると推測された[2]。アメリカ海軍研究局 (Office of Naval Research, ONR)、アメリカ国防情報局(Defense Intelligence Agency, DIA)、及びアメリカ中央情報局(Central Intelligence Agency, CIA)によって準備された作戦[2]において2人の情報収集要員がB-17航空機から降下した。2人の帰還はロバート・フルトンのスカイフック・システム(skyhook system)によって7日後に行われた。この作戦は、調査員を遠い地域から回収できることを証明[1]するとともにソビエト対潜戦と音響の技術に関する情報が得られた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b Robert Fulton's Skyhook and Operation Coldfeet”. アメリカ中央情報局 (2007年4月14日). 2008年5月3日閲覧。
  2. ^ a b c Project COLDFEET: Seven Days in the Arctic”. アメリカ中央情報局 (2008年4月21日). 2008年5月3日閲覧。