コート・デュ・ブリュロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Qコート・デュ・ブリュロワ(Côtes-du-brulhois)は、フランス南西部のアキテーヌ地域圏南東部からミディ=ピレネー地域圏西部に広がるワイン産地で、1984年にAOVDQSの指定を受けている。

指定産地は、ロット=エ=ガロンヌ県の23ヶ村、タルヌ=エ=ガロンヌ県の15ヶ村、ジェール県の4ヶ村、併せて42ヶ村の206haが指定され、赤とロゼが生産されており、ブランデーのアルマニャックの産地と重複している。使用されているぶどうは、ボルドー系のカベルネ・ソーヴィニョンカベルネ・フランメルローとミディ=ピレネー地域圏特有の品種タナで、赤ワインは非常に色が濃く、カオールと並び、黒ワインと呼ばれることがある。カシスやチェリーなどの熟したフルーツの香りに、チョコレートやブルーベリーのアロマがあり、そこそこの渋みがある。ライトからミディアムボディーである。まだAOCになっていないこともあり、やや大味なものも多い。

関連項目[編集]