コーチェン川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コーチェン川
Ben do Ngang.JPG
クンハウ河口近く、チャーヴィン省ミーロン市社からベンチェ省ロンホア村へ向かう渡し場
延長 82 km
河口・合流先 南シナ海
流域 ベトナムヴィンロン省チャーヴィン省ベンチェ省
テンプレートを表示
コーチェン川の流域

コーチェン川ベトナム語: sông cổ chiên )はメコン川の分流のひとつ。ベトナムヴィンロン省チャーヴィン省ベンチェ省を流れる。

概要[編集]

メコンの本流である前江はヴィンロン市付近、ミートゥアン橋の約2km下流でふたつに分岐する。その南側の流れがコーチェン川である。川は北西から南東へと流れ、クンハウ河口とコーチェン河口の2箇所から南シナ海へと注ぐ。コーチェン河口への流れはベンチェ省本土といくつかの島の間を、クンハウ河口への流れはベンチェ省の島々とチャーヴィン省の間を流れる。流域は約82kmに及び[1]、ベンチェ省とヴィンロン省及び、ベンチェ省とチャーヴィン省の境界線を形作る。流域には多くの島があり、チェン島、ユン島、ロン島などの小島はベンチェ省に、上流の大きな中洲はヴィンロン省に、下流の大きな中洲はチャーヴィン省に属する。

河口付近の岸辺の多くはマングローブ林となっている。水位は、雨季と乾季、また満潮と干潮で大きく潮位の影響を受ける。

ミートゥアン橋の下流には永らく橋が架けられておらず、物流・交通は渡し船によって行われていたが、2015年5月16日、コーチェン橋ベトナム語版が開通し[2]、ベンチェー省とチャーヴィン省間の交通は大きく改善された。

名前の由来[編集]

コーチェンの名前の由来は、18世紀末の歴史的事件に由来するという説がある。1785年、ラックガム=ソアイムットの戦いに破れた阮福暎は船を使って南方に逃れたが、その際に西山軍の追撃を受け、慌てふためいた挙句に陣太鼓と銅鑼を川に落としてしまった(太鼓は漢語でコー、銅鑼は漢語でチンである)。この事件によって、人々はこの河をコーチェンと呼んだと言われる[3]

出典[編集]

  1. ^ Lê Thông; Nguyễn Minh Tuệ, Nguyễn Văn Phú et al (2006) [2006] (tiếng Việt). Địa lý các tỉnh và thành phố Việt Nam (tập 6) (lần in thứ 1 ed.). Hà Nội (Việt Nam): Nhà xuất bản Giáo Dục. p. 104. EAN 8934980639184. 
  2. ^ Thông xe cầu Cổ Chiên nối đôi bờ Trà Vinh - Bến Tre”. 2015年6月23日閲覧。
  3. ^ Sông Cổ Chiên - ウェイバックマシン(2013年11月12日アーカイブ分)