コンスタンティン・フォン・アルフェンスレーベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レイマール・コンスタンティン・フォン・アルフェンスレーベン
Reimar Constantin von Alvensleben
Constantin von Alvensleben.jpg
生誕 1809年8月26日
Flag of the Kingdom of Prussia (1803-1892).svg プロイセン王国
アイヒェンバレーベン
死没 1892年3月28日
Flag of the German Empire.svg ドイツ帝国
ベルリン
所属組織 War Ensign of Prussia (1816).svg プロイセン王国陸軍
Kaiserstandarte.svg ドイツ帝国陸軍
軍歴 1827年 - 1873年
最終階級 歩兵大将
墓所 バレンシュテット
テンプレートを表示

レイマール・コンスタンティン・フォン・アルフェンスレーベンドイツ語: Reimar Constantin von Alvensleben1809年8月26日 - 1892年3月28日)は、ドイツの軍人。最終階級は歩兵大将。

経歴[編集]

コンスタンティン・フォン・アルフェンスレーベンは、1809年8月26日に下級貴族の家系であるアルフェンスレーベン家ドイツ語版に生まれた。彼には4人の兄弟がいるが、そのうちヴェルナードイツ語版グスタフドイツ語版はそれぞれ後にプロイセン王国陸軍の中将と歩兵大将になる。父はプロイセン王国陸軍中佐のゲプハルト・ヨハン・フォン・アルフェンスレーベン、母はカロリン・フリーデリケ・エレオノラ・フォン・アルフェンスレーベンである。

ベルリンで軍事教練隊の教育を終えた後、1827年アレクサンダー皇帝第1近衛擲弾兵連隊ドイツ語版へ少尉として任官された。1853年までに少佐へ昇進している。1858年に中佐へ昇進したフォン・アルフェンスレーベンは、1860年からプロイセン陸軍大臣の参謀を務め、同年大佐へ昇進。翌年アレクサンダー皇帝第1近衛擲弾兵連隊の司令官に就いた。以降数年間にわたり、彼は多くの指揮官職を歴任している。1864年シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争では少将へ昇進。1866年普墺戦争には第2近衛旅団を率いて参戦し、7月3日ケーニヒグレーツの戦いで挙げた戦功により中将へ昇進、プール・ル・メリット勲章を受章している。なお、この戦いでヴィルヘルム・ヒラー・フォン・ゲルトリンゲンドイツ語版中将が戦死した。

普仏戦争が勃発すると、フォン・アルフェンスレーベンは1870年7月18日第3軍団ドイツ語版軍団司令官ドイツ語版となった。軍団麾下の第5師団ドイツ語版第6師団ドイツ語版は、メス要塞ドイツ語版に向けて進軍中だったフリードリヒ・カール・フォン・プロイセン王子率いる部隊の配下に移った。フォン・アルフェンスレーベンの軍団は、8月16日マルス=ラ=トゥールの戦いドイツ語版でフランス軍を迎え撃ち、ヴィオンヴィルドイツ語版では偵察部隊を撃破する戦果をあげた。この結果、フランス軍をメスの西部で足止めすることに成功している。8月18日グラヴロットの戦いドイツ語版に加わった彼はその後も軍団に留まり続け、10月26日にメス要塞へ至った。10月の終わりにはフランスで新たに形成されたロワール軍ドイツ語版に軍団を向かわせ、11月28日にはボーヌ=ラ=ロランドの戦いドイツ語版で劣勢となった第10軍ドイツ語版の救出を敢行した。12月3日から4日にかけてのオルレアンの戦いドイツ語版でフランスを敗走させ、1871年1月6日から12日のル・マンの戦いドイツ語版で最終的な勝利を収めた。

1892年1月12日、オルレアンの戦いでの勝利を記念して、フォン・アルフェンスレーベンに黒鷲勲章ドイツ語版赤鷲勲章ドイツ語版が贈られた。同年3月28日に死去。3月30日に葬儀が行われたが、その際ヴィルヘルム2世は彼の功績を称えて勅令を発した。その結果、コトブスに駐留していた第52歩兵連隊に彼の名が冠せられ、第52歩兵連隊「フォン・アルフェンスレーベン」として彼の名は残されることとなった。1912年にはコトブスにエミール・カウエルドイツ語版設計の記念碑が建てられたが、1945年以降に姿を消したため現在は残っていない。

参考文献[編集]

  • Bernhard von Poten (1900), “Alvensleben, Constantin von” (ドイツ語), Allgemeine Deutsche Biographie (ADB), 45, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 756–758 
  • Thilo Krieg: Constantin v. Alvensleben - General der Infanterie - ein militärisches Lebensbild. Berlin 1903.
  • Rudolf Vaupel: Constantin von Alvensleben. In: Mitteldeutsche Lebensbilder. 2. Band Lebensbilder des 19. Jahrhunderts, Magdeburg 1927, S. 291–306.
  • Hellmut Kretzschmar: Geschichtliche Nachrichten von dem Geschlecht von Alvensleben seit 1800. Burg 1930, S. 134–138.
  • Kurt von Priesdorff: Soldatisches Führertum. Band 7, Hanseatische Verlagsanstalt Hamburg, ohne Jahr, S. 263–269.
  • Franz Uhle-Wettler: Höhe- und Wendepunkte Deutscher Militärgeschichte. Mainz 1984, S. 166f.

外部リンク[編集]