コンカレント・コンピュータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コンカレント・コンピュータ.
Concurrent Computer Corporation.
種類 コーポレーション
市場情報
NASDAQ CCUR
略称 CCUR
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
30096
ジョージア州ダルース(Duluth)4375 River Green Parkway Suite 100
設立 1966年
主要子会社 日本の旗 コンカレント・コンテント・ソリューションズ株式会社 (100%)
外部リンク http://www.ccur.com/
テンプレートを表示

コンカレント・コンピュータ(Concurrent Computer)は、アメリカ合衆国のリアルタイムコンピュータ会社。 もともとは、ミニコンピュータメーカーであったが、現在では、x86用Realtime Linux(RedHawk Linux)とビデオ・オン・デマンドサーバー(Media Hawk)を販売している。 2017年4月 リアルタイム事業とビデオサーバ事業を分社し、リアルタイム事業はConcurrent Real Timeに引き継ぎ、ビデオサーバ事業は継続すると表明していたが、同年10月ビデオサーバ事業は、カナダのNetwork機器の製造販売会社であるVeciam networks社に買収されることに合意した。なお、分社したリアルタイム事業は、コンカレント・コンピュータとの資本関係は無いため、Concurrent Real Time社が継続している。

歴史[編集]

1966年 - 前身の米国インターデータ社(Interdata,Inc)設立、16ビット・ミニコンピュータ (Model-4)を発表

1973年 - 半導体製造装置メーカー、パーキン・エルマー社のコンピュータ部門として事業を推進、世界初の32ビット・スーパー・ミニコンピュータ(Model-7/32)を発表

1985年 - パーキン・エルマー社より分離・独立し、コンカレント・コンピュータ社を設立

1986年 - 株式をNASDAQに上場、コンカレント日本株式会社設立

1988年 - 3200シリーズの上位機種(Model-3280E)を発表、リアルタイムUNIX(RTU)を開発したマサチューセッツ・コンピュータ (en:MASSCOMP株式会社を吸収合併した。

1989年 - 日本において、コンカレント日本株式会社と、日本マサチューセッツ・コンピュータ株式会社(MASSCOMP)が合併、3200シリーズにMicroシリーズを追加

1990年 - エントリーマシンRT-DAQシリーズを発表、R68040搭載7000シリーズを発表

1992年 - RTS7000シリーズを発表

1993年 - ノン・システムバス・アーキテクチャ(Cross Point Switch)9000シリーズMAXIONを発表

1994年 - 航空機搭載用MAXION ATR発表

1996年 - リアルタイムUNIX(CX/UX)を販売していたハリス・コンピュータ・システムズ社のリアルタイム事業部を吸収合併。

1998年 - MediaHawkを発表しVOD事業に参入

1999年 - 事業部門をリアルタイム事業部とXSTREME事業部の2部門とした。

2000年 - ハワイオーシャニクスケーブルにて世界初の大規模VOD営業サービス開始

2001年 - 米国ケーブルオペレータへ続々VODシステムの導入が開始される

2002年 - Intel CPUによるリアルタイムLinux RedHawk Linux ,リアルタイムLinuxシステム"iHawk860"シリーズ発表

2003年 - 第4世代VODサーバMediaHawk4000発表

2004年 - 64bitCPU対応リアルタイムLinuxシステム"iHawk870"シリーズ発表、イメージジェネレータImagen発表

2005年 - Everstream社の買収 データ分析事業へ進出

2006年 - MediaHawk4500 VODサーバ発表

2007年 - 米国タイムワーナー社で実現した"StartOver"機能で[1]エミー賞(技術と技術業績部門)受賞

2017年4月 - Concurrent Computer Corp.(NASDAQ:CCUR)のリアルタイム事業分野をBattery Venturesに売却

Concurrent Computer Corpは、コンテンツ配信およびストレージの専業になり、

リアルタイム事業は、新たに創業したConcurrent Real Time Inc.に引き継がれた。

なお、日本支社であるコンカレント日本株式会社は、リアルタイム事業を継続し、

コンテンツ配信事業およびストレージ事業は、新たに創業したコンカレント・コンテント・ソリューションズ株式会社が継続した。[2]

2017年 10月 - Concurrent Computer CorpはカナダのNetwork機器の製造販売会社であるVeciam networks社に買収されることに合意した [3] [4] [5]

なお、日本法人であるコンカレントコンテントソリューション(株)については一切の変更は行われない。

外部リンク[編集]

参照[編集]