コロラド (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コロラド
The Man from Corolado
監督 ヘンリー・レヴィン
脚本 ロバート・バーディ・アンドリュース
ベン・マドウ
原作 ボーデン・チェイス
製作 ジュールス・シャーマー
出演者 グレン・フォード
ウィリアム・ホールデン
撮影 ウィリアム・スナイダー
編集 チャールズ・ネルソン
制作会社 コロンビア映画
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 セントラル映画社
公開 アメリカ合衆国の旗 1949年1月20日
日本の旗 1951年10月19日[1]
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

コロラド』(原題:The Man from Colorado)は、1948年に製作されたアメリカ合衆国西部劇映画ヘンリー・レヴィン監督作品。

あらすじ[編集]

オウエンとデルは、南北戦争で武勲を立て郷里に帰還。共に郷里の英雄として持ち上げられ、オウエンは判事に、デルは保安官に任じられる。実はオウエンは終戦間際に南軍の兵士多数を虐殺しており、事情を知る人々の間で懸念が生じる。オウエンは略奪同然にデルの恋人キャロリンと結婚。帰還兵達は金の採掘を生活の糧にしていたが、戦争中に資本家カーターが金山を私物化したため収入が減少。彼等はカーターを告訴、帰還兵達の味方をすると思われたオウエンはカーター寄りの判決を下し、反発が高まる。脱走兵ジェリコはカーターの事務所を襲って金を強奪、帰還兵達の口は重くオウエンは見せしめのためにジェリコの弟ジョニーを処刑する。デルは保安官のバッジを返上、他の被告を奪って逃走するが、キャロリンの偽の言葉におびき出されオウエンの手に落ちる。しかしドクの奇策により脱走に成功、ジェリコ、キャロリンと共に駐屯地内の住宅に逃げ込む。オウエンはあぶり出しのため住宅地への放火を命じ、辺りは炎に包まれる。逃げ惑う人々。財産を焼かれたカーターはオウエンを罵倒、オウエンは前後の見境を失い炎上する住宅地へ突進、姿を現したジェリコと格闘。キャロリンの悲鳴が響き渡る中、二人は炎の中に包まれていった。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アメリカ側の資料では10月5日

外部リンク[編集]