コロトコフ音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

コロトコフ音: Korotkoff sounds)は動脈カフで締め付けたときに発生する血管音。血圧を測るのに使われる。血流が圧力をかけられた部分の動脈内で起こる乱流聴診器で聞き取れる音を発生する。1905年ロシア軍医だったニコライ・コロトコフ(Николай Сергеевич Коротков)が発見した[1][2][3]

概要[編集]

コロトコフ音を使った血圧測定法コロトコフ法[4])は、血圧を測る標準的な方法である。コロトコフ音とはカフ聴診器を組み合わせて、カフを締め付けた際に発生する血管音であり、この血管音を聴診器から聞き取ることにより、最高血圧(収縮期血圧)と最低血圧(拡張期血圧)を測定することができる[4]

コロトコフ音の変化[編集]

コロトコフ音には、五つのがあり、動脈の血流を止めていたカフの圧力を次第に減らしたとき、脈拍に対応する音が次のような順番にあらわれる。

  1. 血流が始まるときの音。このときの圧力が最高血圧である。
  2. 血流の音が雑音のように聞こえる相。
  3. 血流の音が大きい相。
  4. 血流がかすかになる相。
  5. 乱流がなくなって音が聞こえなくなる相。これが始まったときの圧力が最低血圧である。

血圧の測定方法[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Н.С.Коротков, К вопросу о методах исследования кровяного давления, Изв. Импер. Военно-мед. Акад., (1905) 9:365; 英文翻訳版N. S. Korotkov, Concerning the problem of the methods of blood pressure measurement, J. Hypertension (2005) 23:5
  2. ^ G.Mancia and A. Zanchetti, One jundred years of auscultatory blood pressure: commemorating N. S. Korotkoff, J. Hypretension (2005) 23: 1-2
  3. ^ A. V. Nabokov and A. J. Nevorotin, Nephrol Dial Transplant (1998) 13:1041–1043; http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9568882?ordinalpos=1&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_RVDocSum
  4. ^ a b オムロン 電子血圧計のしくみ #血圧測定の始まり (2015年12月31日に閲覧) http://www.healthcare.omron.co.jp/bpm/history/01.html

外部リンク[編集]