コドレア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コドレア
自治体
要塞化された教会
要塞化された教会
コドレアの紋章
紋章
位置図
位置図
北緯45度41分49秒 東経25度26分38秒 / 北緯45.69694度 東経25.44389度 / 45.69694; 25.44389座標: 北緯45度41分49秒 東経25度26分38秒 / 北緯45.69694度 東経25.44389度 / 45.69694; 25.44389
 ルーマニア
ブラショフ県
地位 自治体
行政
 • 首長 ビアヌ・マリウス (無所属)
面積
 • 合計 132.79km2
人口
(2002年)
 • 合計 24,286人
等時帯 UTC+2 (EET)
 • 夏時間 UTC+3 (EEST)

コドレアルーマニア語: Codlea)は、ルーマニア中央部のブラショフ県に属する都市。ハンガリー語名はフェケテハロム(Feketehalom)、ドイツ語名はツァイデン(Zeiden)である。

歴史[編集]

13世紀、マグラ・コドレイ(Măgura Codlei)の近郊にドイツ騎士団によってシュヴァルツブルク(黒い城 の意)という城砦が築かれた。この城の名前は1265年の文献に初めて登場する。このことから、コドレアはドイツ人によって築かれた街とされる。市街にはブルツェンラントで最も大きい「要塞教会」がある。花卉で知られることから、「花の都」と呼ばれる。

地名[編集]

ルーマニア語名はラテン語で「端」とか「後方」という意味の指小辞であるcodella、またはスラヴ語派で「やかん」を意味するcotalが由来とされる。前述のマグラ・コドレイとは「やかんの丘」という意味で、地形がやかんに似ていたためそう名付けられた。ルーマニア語で「マグラ」という単語は大きな丘や小山、高地の森を指す。ハンガリー語名も「黒い丘」を意味するフェケテヘジ(Feketehegy)が語源とされる。ドイツ語名の由来は定かでないが、養蜂家という意味のツァイドラー(Zeidler)から来ているのではとの説がある。

人口動態[編集]

人口の推移
1510年 670人
1814年 3264人
1849年 3764人
1890年 4035人
1930年 5219人
1941年 6214人
1966年 1万3075人
1977年 2万2744人
1982年 2万3500人
1992年 2万4620人
2002年 2万4286人

1890年の時点では、総人口の67%(2680人)がドイツ人、30%(1211人)がルーマニア人、1%(44人)がハンガリー人、2%(100人)がユダヤ人やその他であった。1930年にはドイツ人が60%(3111人)を、ルーマニア人が36%(1916人)を、ハンガリー人が4%(192人)をそれぞれ占めた。2002年の国勢調査時点ではルーマニア人が92.7%、ハンガリー人が3.8%、ロマが1.7%、ドイツ人が1.5%を占めた。2002年時点での宗派割合はルーマニア正教会が86.8%、ローマ・カトリックが3.7%、ペンテコステ派が3.1%、福音派が2.2%、アウクスブルク信仰告白福音教会が1%、改革派教会が0.8%であった。

出身有名人[編集]

外部リンク[編集]