コインホルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コインホルダー、あるいはコインキーパーは、貨幣や遊戯用のメダル等(便宜上、本項では「コイン」と呼称)を収納し、保管するための道具。

概要[編集]

同径のコインを単体で収納するタイプ(10枚ごとに仕切り)
コインカウンター

形状、材質はメーカーによって様々であるが、いずれも同径のコインを重ねる形で収納できる円筒、もしくは半円筒型の収納部分を持つ点においては共通している。

同様にコインを収納、保管する貯金箱とは異なり、コインホルダーはコインを容易に取り出せるように設計されている。これはコインホルダーが頻繁に流通、兌換されるコインを収納することを目的としているためで、使用される現場も個人(コミケ・フリーマーケット等の出店時には有り得る)ではなく企業や商店が大半である。

また、前述の用途により持ち運びが容易であるものがほとんどだが、保管の際の安全性は考慮されておらず、通常ホルダーのみで保管されることは稀である。

利便性を考慮し、兌換に適した枚数(10枚、50枚等)の単位で収納できるものが多く、枚数(額面)が即座に判別できるように目盛りが振られているものもある。そうした製品は「コインカウンター」と呼ばれることもある。また、複数の額面を一括して保管できる受け皿状の製品を「コイントレー」と呼ぶこともある。

関連項目[編集]