ゲルトルード・キュックリヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ゲルトルード・エリーザベト・キュックリヒ(Gertrude Elizabeth Kücklich[1]1897年12月25日[2] - 1976年1月2日[2][3])は、おもに日本東京で活動したドイツ出身の宣教師社会事業家フィランソロピスト

ドイツ帝国シュトゥットガルト[2][3]牧師の四女として生まれる[1]ペスタロッチ=フレーベル・ハウス (Pestalozzi-Fröbel-Haus) を卒業[2]1922年[4]ドイツ福音主義教会から幼児教育専門家、宣教師として派遣され、来日[3]。来日した年に関東大震災に遭遇するが、鐘淵紡績の工場に近い赴任先の教会で地域住民を支援し、また教会内に託児所を設け[5]、やがて鐘ケ淵子供の家を設立した[1]。日本語も上手く「地域の子どもたちのあこがれ」であったという[5]1926年には、東京保育女学院(後に東洋英和女学院師範科と合併)を設立した[1]

第二次世界大戦中も帰国せず日本に留まり[3]、戦後も乳児院や高齢者福祉施設の設立に尽力し[2]埼玉県加須市の太田飛行場跡に、キリスト教会と様々な社会福祉施設が集る「愛の泉」を開設した[6]。社会福祉法人愛の泉理事長、キリスト教保育連盟副理事長などを歴任した[3]

日本政府から勲四等瑞宝章西ドイツ政府から一等功労十字勲章を贈られた[3]

おもな著書[編集]

  • ゲルトルド・キユツクリヒ『學齡前に於ける宗教々育』(一)-(三)(基督教出版社、1932年)

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d 谷田貝公昭 編 「キュックリヒ」『保育ミニ辞典』、175頁。2012年12月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e デジタル版 日本人名大辞典+Plus『キュックリヒ』 - コトバンク
  3. ^ a b c d e f “ゲルトルート・E・キュックリヒさん(訃報)”. 読売新聞・朝刊: p. 19. (1976年1月4日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  4. ^ 読売新聞訃報では「大正十二年」(1923年)とあるが、キュックリヒ記念財団、コトバンクの記載を優先させた。
  5. ^ a b 前田遼太郎 (2012年12月24日). “(東京の記憶)鐘淵紡績 遷移の町 下町人情 日本の経済成長牽引”. 読売新聞・朝刊・都民版: p. 31 
  6. ^ “キリスト教の福祉事業 乳児から老人まで 社会福祉法人「愛の泉」”. 読売新聞・朝刊: p. 11. (1966年3月20日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧

外部リンク[編集]