ゲベール銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲベール銃。写真の銃は「日本でゲベール銃として展示されているもの」として引用されるが、正確には本稿で記述されるオランダ製ではなく、会津藩が1840年代に導入したバイエルンM1842マスケット英語版である[1]。バイエルンM1842は本来は滑腔銃身のゲベール銃であるが、バイエルン公国本国ではミニエー銃登場後銃身にライフリングを刻まれ、ライフルド・マスケット英語版に改修された。

ゲベール銃(ゲベールじゅう)とは前装式マズルローダー式)、滑腔銃身(ライフリングがない)、フリントロック式(燧石式)、またはパーカッションロック式(雷管式)の洋式小銃である。すなわち、マスケットと呼ばれるものと同一であるが、幕末日本では特にこう呼ぶものである。「ゲベール」(Geweer)とはオランダ語で「小銃」を意味するが、本来のオランダ語での発音は「ヘヴェール」に近い。

概要[編集]

  • 全長:約1.5メートル
  • 重量:約4キログラム
  • 口径:約18ミリメートル
  • 射程距離:100から300メートル

歴史[編集]

1670年代フランスで開発され、1777年オランダが制式採用した。著名なものではフランスにおけるシャルルヴィル・マスケットやその1777年型であるマスケットM1777英語版、同時期のイギリスにおけるブラウン・ベス、アメリカのスプリングフィールドM1842以前の各型がゲベール銃の範疇に含まれる。元々「敵の密集兵団の中に打ち込んで、混乱させる」という使用目的の銃で大量生産と構造の簡略化を優先としているため、命中精度は悪い。初期は燧石式だったが、後に管打式(雷管式)に改められた。射程距離は同じ前装式滑腔銃である火縄銃と同程度だが、特に燧石式は着火時の衝撃が火縄銃と比べて大きいため、命中精度では劣る。しかし、裸火の火縄銃では、密集形態を伴う西洋式の部隊行動(戦列歩兵)を行なうのは暴発の危険が大きく困難であり、また火縄銃とは異なり銃剣を装備できる。

日本では、幕末期に西洋軍制を導入した江戸幕府が相次いでゲベールを購入した。1831年に砲術家の高島秋帆がオランダから輸入したのが始まりとされる。幕末の早い段階から輸入が開始され、既に施条銃の時代となっていた西欧から旧式のゲベールが大量に日本に輸出された。また輸入だけではなく、火縄銃とは発火装置が異なる程度だったため各地で国産ゲベールが製造されたほか、火縄銃の発火装置を管打式に改造したゲベールも見られる。そのため値崩れを起こし、価格は1挺5両ほどにまで下がった。

欧米では、随時ライフリングが刻まれてミニエー銃に改修されたり、滑腔銃身のままミニエー弾英語版プリチェット弾が配布されたり、中には後装式に改造されるまで使い切られるゲベール銃も存在したが、日本ではほとんどそのような改修や運用は行われなかった。

輸入が始まった頃は薩摩藩長州藩や幕府軍で採用されていたが、薩摩・長州では早い段階から、ゲベールよりも新式で命中率・射程距離に優れた施条銃であるミニエー銃スナイドル銃へと更新を進めた。幕府軍も第二次長州征討以降は積極的に施条銃を導入し、幕府陸軍の歩兵隊などに支給した。そのため戊辰戦争時点ではゲベールは時代遅れの銃となっていた。

脚注[編集]

  1. ^ "Japanese Military Uniforms 1841-1929" by Ritta Nakanishi 4-499-22737-2