ゲオルク・エーバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Georg Ebers.jpg

ゲオルク・モーリッツ・エーバース(Georg Moritz Ebers、1837年3月1日 - 1898年8月7日)は、ドイツエジプト学者、小説家

姓はエーベルスとも。古代エジプト医学に関する文献であるエーベルス・パピルスに名を残す。

生涯と業績[編集]

エーバースはベルリンに生まれた。父親はユダヤ人で、はじめモーゼス・エフライムといったが、1828年にキリスト教に改宗してモーリッツ・エーバースに名を変えた[1]

1856年にゲッティンゲン大学に入学して法学を学んだが、その後エジプト学をベルリン大学カール・リヒャルト・レプシウスに学んだ[1]。1864年にゲッティンゲン大学の博士の学位を得た。

1865年にイェーナ大学私講師、1869年にエジプト学の員外教授に任命された。翌1870年にライプツィヒ大学の員外教授に移り、1875年には正教授に昇任した。

調査のために1869-70年と1872-73年の2回エジプトを訪れた[1][2]

学術的研究の一方で、エーバースは古代エジプトを題材にした通俗的な歴史小説を多数出版した。初期の作品である『エジプトの王女』(1864、全3巻)は1928年までに40万部が売れ、16か国語に翻訳された[1]。教授職についてからも、最晩年まで小説を発表し続けた。

エジプト以外の歴史小説も書いたが、エジプト物ほど成功しなかった[2]

1874年に、古代エジプト医学について詳細に記述されたパピルスをテーベで入手した。

1876年から健康を害し、研究からは遠ざかっていった[1]。1888年からはミュンヘンに住んだ[3]。1889年に教職を退いた[2]

1898年にバイエルンのトゥッツィングで没した。

主な著書[編集]

著作集『Georg Ebers gesammelte Werke』が出版されている(1893-1897、32冊)。

学術書[編集]

小説[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Richard Pietschmann (1910), "Ebers, Georg", Allgemeine Deutsche Biographie (ADB) (in German), 55, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 469–473
  • Karl Richter: Ebers, Georg. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 4, Duncker & Humblot, Berlin 1959, ISBN 3-428-00185-0, S. 249 f. (電子テキスト版).
  • “Ebers, Gerog Moritz”. ブリタニカ百科事典第11版. 8. Cambridge: University Press. (1910). pp. 841-842. https://archive.org/stream/encyclopaediabrit08chisrich#page/840/mode/2up. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]