ゲイフレンドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲイフレンドリーGay-friendly)とは、ゲイ(およびLGBTに含まれる人々全て)に対して開かれ、また温かく迎え入れる状態にあることを意味する言葉。主に都市や国といった場所、政策、人々や団体などが彼らへの支援や繋がりの構築をしたり、彼らを含む人々全てへの敬意や平等性・偏った判断の解消を行っている態度を表明するために使われる。

言葉の起源[編集]

この言葉は20世紀末の北米において、ゲイの人権向上における段階的な推進と、職場や学校におけるLGBTの人々の擁護政策の受容化における過程の副産物として生まれた。商業における明確な購買層としてゲイ・レズビアンを認知する意味にも使われる。

事例[編集]

都市におけるゲイフレンドリー[編集]

ゲイフレンドリーな都市として、サンフランシスコシドニーメルボルンテルアビブブエノスアイレスマンチェスターブライトンベルリンなどがある[1][2]

企業におけるゲイフレンドリー[編集]

今日ではゲイフレンドリーを表明する多くのビジネス組織があり、多角的な雇用や顧客ベースを構築している。

人材雇用の側面[編集]

アメリカの人権団体ヒューマン・ライツ・キャンペーン(Human Rights Campaign)はゲイ・レズビアンをはじめとした人々の社会的平等化を推進しており、LGBTの人々に対して理解のある企業のリストを公表している[3]。ゲイフレンドリーな就労環境のある企業として公表された中にはデルザ コカ・コーラ カンパニーがある[3]

マーケティングの側面[編集]

LGBTコミュニティは特定の製品やサービスの価格が高めでも、ゲイフレンドリーな企業を好む傾向があるとの調査結果がある[4]。クルーズ会社のR・ファミリー・ヴァケーションズ(R Family Vacations)や下着ブランドのギンチゴンチ(Ginch Gonch)、旅行会社のエゴツアー(Egotour)などはゲイの顧客向けというニッチな市場へ向けた商品やサービスを提供している[5]。The Gay-Friendly Sourceはゲイおよびゲイフレンドリーに関するニュースやイベント、企業や組織のリストを提供している[6]

Unicorn Booty[7]をはじめとしたやゲイフレンドリーな企業とゲイ消費者を繋ぐゲイ向けイエローページのようなサービスも多く存在している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]