ケーニヒグレッツ行進曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケーニヒグレッツ行進曲
Königgrätzer Marsch.jpg
楽曲
出版 1866年
形式 行進曲
作曲者 ヨハン・ゴットフリート・ピーフケ

ケーニヒグレッツ行進曲ドイツ語: Königgrätzer Marsch)は、ヨハン・ゴットフリート・ピーフケによって作曲された行進曲普墺戦争プロイセン軍がオーストリアを打ち破った1866年ケーニヒグレッツの戦い(サドワの戦い)を記念して作曲された。後にピーフケが編曲しなおしたものでは、フリードリヒ大王ホーエンフリートベルクの戦いの勝利を称えて作曲したといわれるホーエンフリートベルク行進曲英語版がトリオ部に使用されている。

本来はドイツ帝国陸軍第91オルテンブルク歩兵連隊の行進曲であったが、ナチス・ドイツ時代のアドルフ・ヒトラー総統が特に気に入っていた行進曲の1つで、彼はしばしばナチ党の式典でこの行進曲を演奏させた。1934年のナチス党大会記録映画『意志の勝利』でも、ニュルンベルク旧市街における突撃隊の行進にケーニヒグレッツ行進曲が使用されている。こうした背景があるにも係わらず、ケーニヒグレッツ行進曲は現在のドイツ連邦軍のパレードでも非常に人気のある行進曲として使用され続けている。一方、オーストリアでは曲そのものがオーストリアの敗北を記念したものである為、ほとんど聞かれることがない。

その他のドイツの行進曲にも見られるように、ケーニヒグレッツ行進曲はチリ陸軍などの行進でも使われることがある。例えばジャマイカ国防軍ではジャマイカ連隊第2大隊の行進曲『Königgrätzer』として演奏され、チリ陸軍ではフランス式のファンファーレを加えて第1装甲騎兵連隊スペイン語版の行進曲『Granaderos al Galope』として演奏される。

大衆文化[編集]

現在ではナチス・ドイツ時代の代表的な行進曲の1つと見なされており、第二次世界大戦を扱った映画やビデオゲームなどではドイツ軍のテーマ曲としてしばしば使用される。

関連項目[編集]