ケイレブ・ベントリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルックヴィルにあるマディスン・ハウスは元来、ケイレブ・ベントリーが所有していた。この家は、米英戦争中に英国がワシントンD.C.を焼き払った後の1814年8月26日、大統領ジェイムズ・マディスンの隠れ場所として用いられた。

ケイレブ・ベントリーCaleb Bentley, 1762年 - 1851年)は、銀細工職人、商店主、初代ブルックヴィル郵便局長である。1762年、ペンシルヴェニア州チェスター郡生まれ。[1]

1780年代初頭、兄と共に移住した。しばらくペンシルヴェニア州ヨークで過ごした後、1786年にヴァージニア州リーズバーグへ移った。ヨーク居住中に、ベントリーはクエーカーとなった。1790年代初頭、ジョージタウンで銀細工職人として身を立てた[2]。大統領ジョージ・ワシントンの依頼により、ホワイト・ハウスの起工式(1792年)に使用する真鍮製の礎石を製作した。翌年には、連邦議会議事堂に使用する銀製の礎石を製作した[3][4]

1794年にメリーランド州モンゴメリー郡へ移ったベントリーは、妻サラ・ブルック (Sarah Brook) の家族が広大な土地を所有するブルックヴィルに定住した[2]。同地で彼は、1802年に商店と郵便局を開業し、初代ブルックヴィル郵便局長となった[5]。最初の妻は1805年に死去し、その2年後にマリー・ヘンリエッタ・トマス (Marie Henrietta Thomas) と再婚した[2]。ベントリーは、ブルックヴィル・アカデミーの創立者でもあり[1]、2人の義兄弟と共にパタクセント川沿岸にトリアデルフィアの町を築いた[2]

妻のマリー・ヘンリエッタ・トマスは、ドーリー・マディスンジェイムズ・マディスンの妻)の親友であった。米英戦争中の1814年8月、ヨークの戦いにおけるアッパー・カナダ議事堂の焼き討ちに対する報復として英国がワシントン焼き討ちをした際に、ホワイト・ハウスは英国軍によって焼き払われた[6]。1814年8月26日、ワシントンD.C.から逃れた大統領ジェイムズ・マディスンは、まずヴァージニア州へと向かったが、その後北に進路を変えてジョン・ヘンリー・ワインダー将軍とその配下の部隊を探しにロックヴィルへ向かった。ワインダーの部隊は既に、ボルティモアへと進軍中であった[2]。マディスンは東へ行き、馬でブルックヴィルに辿り着くと[7]、ベントリーの自宅で匿われた。マディスンは徹夜で他の者らに書簡を発した[7][8][9]

ベントリーは数年間モンゴメリー郡で暮らしたが、1830年代後半にジョージタウンに戻った。1851年、メリーランド州サンディー・スプリングで死去した[2]

[編集]

  1. ^ a b Farquhar, Roger Brooke (1952). Old Homes and History of Montgomery County, Maryland. Judd & Detweiler, Inc.. pp. 207–208. 
  2. ^ a b c d e f Allen, William C. (1995). In The Greatest Solemn Dignity — The Capitol's Four Cornerstones. Government Printing Office. pp. 12–13. 
  3. ^ Allen, William C. (1995). In the Greatest Solemn Dignity — The Capitol's Four Cornerstones. Government Printing Office. pp. 7. 
  4. ^ Allen, William C. (2001). History of the United States Capitol — A Chronicle of Design, Construction, and Politics. Government Printing Office. pp. 24. http://www.access.gpo.gov/congress/senate/capitol/. 
  5. ^ Siegal, Ann Cameron (2007年12月1日). “Charms and Challenges Of a Tiny Old Town”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/11/30/AR2007113000952_pf.html 
  6. ^ The East Room”. White House Historical Association. 2007年11月2日閲覧。
  7. ^ a b Landphair, Ted (2007年8月15日). “You Won't Need Much Time to Tour This 'Capital'”. VOA News. http://www.voanews.com/english/archive/2007-08/2007-08-14-voa27.cfm?CFID=171645957&CFTOKEN=64046631 
  8. ^ Brookeville: Gem from the Past”. Sandy Spring Museum. 2007年12月14日閲覧。
  9. ^ Browning, Charles Henry (1895). “President Madison's Retreat”. The American Historical Register. Historical Register Pub. pp. 857–861. http://books.google.com/books?id=e-0OAAAAYAAJ.