ケイマントラフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯18度30分 西経83度0分 / 北緯18.500度 西経83.000度 / 18.500; -83.000

カリブ海北西部の海底地形図。中央下がケイマントラフ
ケイマントラフ周辺のプレート図

ケイマントラフ(Cayman Trough)またはケイマン海溝(Cayman Trench)、バートレット海淵(Bartlett Deep)、バートレットトラフ(Bartlett Trough)、とは、カリブ海西部海底の、ジャマイカケイマン諸島の間にある、小さな発散型境界を複合するトランスフォーム断層で出来たプルアパート堆積盆である[1]。カリブ海で最も深い地点がある。また、テクトニクスにおける北アメリカプレートカリブプレートの境界を形成している。ウィンドワード海峡に始まり、キューバマエストラ山脈の南を通り、グアテマラまで伸びている。トランスフォーム断層は陸上でもモタグア断層としてまで続いており、グアテマラを横断して太平洋の海底まで続いて、中央アメリカ海溝という沈み込み帯と交差している。

比較的狭いトラフで、方角でいうと東北東から西南西へ伸びている。最も深い地点は7,686メートル (25,217 ft)である。 トラフ内部に南北に走るゆっくり開く海嶺があり、最終的にメインの断層に沿って約420キロメートル (260 mi)ほどの海嶺ないし海溝ができる可能性がある。ケイマントラフは毎年11–12ミリメートルの割合で開いている[2]

始新世の間ケイマントラフは、南西へ動く北アメリカプレートの下に北東へ動くカリブプレートが沈み込む、マエストラ山脈とCayman Ridgeの火山弧を形作る沈み込み帯だった。その一方で、何人かの研究者は北米プレートではなくEast Cuban Microplateと呼ばれているプレートの破片の下に沈み込んでいるのだ、と主張している[3]

2010年、イギリスサウサンプトンにあるen:National Oceanography Centre(NOCS)のチームが、自立制御ロボット潜水艦を使って海溝全域の地図作りを初め、深さ5 km (3.1 mi)の海底でブラックスモーカーを発見した。当時、最も深いブラックスモーカーであった[4][5][6]。2012年1月、研究者らは450 °C (842 °F)度を超える可能性がある水がある熱水噴出孔の存在を発表した。これは知られている熱水噴出孔の中では最も熱い。同時に研究者らは、目がなく、背中に光を感じる器官を持つエビを含む、新種を発見したと発表した[7]

出典[編集]

  1. ^ Einsele, Gerhard (2000). Sedimentary Basins: Evolution, Facies, and Sediment Budget (2nd ed.). Springer. p. 630. ISBN 978-3-540-66193-1. 
  2. ^ DeMets, C.; Wiggins-Grandison, M. (2007年). “Deformation of Jamaica and motion of the Gonâve microplate from GPS and seismic data”. Geophys. J. Int. 168: 375–6. doi:10.1111/j.1365-246x.2006.03236.x. 
  3. ^ Sigurdsson, H, S. Kelley, R.M. Leckie, S. Carey, T. Bralower, and J. King (2000). “Chapter 20: History of circum-Caribbean explosive volcanism: 40Ar/39Ar dating of tephra layers”. In Leckie, R.M., Sigurdsson, H., Acton, G.D., and Draper, G.. Sci. Results. Proc. ODP. 165. College Station, Texas: Ocean Drilling Program. doi:10.2973/odp.proc.sr.165.2000. ISSN 1096-7451. 
  4. ^ Carpenter, Jennifer (2008年8月9日). “Sub to make deep Caribbean dive”. BBC Science News. 2008年8月9日閲覧。
  5. ^ World's deepest undersea vents discovered”. LiveScience.com (2010年4月11日). 2010年4月12日閲覧。
  6. ^ Latest news”. RRS James Cook Voyage 44. 2012年1月14日閲覧。
  7. ^ McGrath, Matt (2012年1月12日). “Cayman vents are world's hottest”. BBC News. 2012年1月14日閲覧。

関連書籍[編集]

  • Goreau, P. D. E. 1983 Tectonic Evolution of the North Central Caribbean Plate Margin. Woods Hole Oceanographic Institution, MA.; Massachusetts Inst. of Tech., Cambridge. Sponsor: National Science Foundation, Washington, DC. Sep 1983. 248p. Report: WHOI-83-34.
  • Ten Brink, Uri S., et al., 2001, Asymmetric seafloor spreading: crustal thickness variations and transitional crust in Cayman Trough from gravity", GSA Meeting Abstract
  • Roberts, H. H. 1994 Reefs and lagoons of Grand Cayman Monographiae biologicae (Brunt, MA; Davies, JE eds). Kluwer Academic Publishers, Boston, Ma The Hague. 0-7923-2462-5
  • Ruellan, E. et al., 2003, Morphology and Tectonics of the Mid-Cayman Spreading Center, EGS - AGU - EUG Joint Assembly, Abstract
  • Scotese, Christopher R. 1999. Evolution of the Caribbean Sea (100 mya - Present) Collision of Cuba with Florida Platform and Opening of the Cayman Trough. PALEOMAP Project http://www.scotese.com/caribanim.htm