マエストラ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マエストラ山脈(シエラ・マエストラ)

マエストラ山脈Sierra Maestra)は、カリブ海地域最大の島国であるキューバにおける最大の山脈西インド諸島に属するキューバ島の南東方をクルス岬からマイシ岬まで250kmにかけて東西に連なっている。山脈には、キューバ最高峰のトゥルキーノ山Pico Turquino:2,005m)がそびえている。

山中には、マンガンなど豊富な鉱山資源が埋蔵されている。北斜面は断層の地塊で成り立ち傾斜が緩慢だが、それに比べ南斜面は急な絶壁をなし、カリブ海に陥没している。

山脈の東にはキューバ第2の都市で、キューバ革命発起の街サンティアーゴ・デ・クーバSantiago de Cuba)がある。また、この山脈も、1956年以降にカストロ率いる革命軍が、山中に「キューバ解放区」を作り、ゲリラ戦の拠点としていた地として知られている。