ケイティ・ウィルソン・カスティーヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケイティ・ウィルソン・カスティーヨ
基本情報
本名 ケイティ・パメラ・ウィルソン・カスティーヨ
Kati Pamela Wilson Castillo[1]
通称 La Super Baby[1]
階級 スーパーバンタム級
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
誕生日 (1991-01-10) 1991年1月10日(27歳)[1]
出身地 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
サントドミンゴ[1]
プロボクシング戦績
総試合数 19
勝ち 18
KO勝ち 11
敗け 1
テンプレートを表示

ケイティ・パメラ・ウィルソン・カスティーヨKati Pamela Wilson Castillo1991年11月10日 - )は、ドミニカ共和国の女子プロボクサーサントドミンゴ出身。第2代IBF女子世界ジュニアフェザー級王者。

来歴[編集]

2007年4月16日、グレシア・ノバ戦でデビューし、判定勝利。

2011年10月22日パナマにてオグレイディス・スアレスWBA女子世界フェザー級暫定王座を争うが、1-2判定で敗れ暫定王座獲得ならず。これが初黒星となった。

2012年3月24日アダ・ベレスが持つIBF女子世界ジュニアフェザー級王座に挑戦し、3-0判定で王座奪取に成功。

2012年8月11日、クリスタル・ホイ相手に初防衛戦を行い、判定で3-0判定で初防衛成功。

2012年12月17日、グレシア・ノバとノンタイトルを行い、TKO勝利。

戦績[編集]

  • プロボクシング: 19戦 18勝 11KO 1敗

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Katy Wilson Castillo”. Boxrec.com. 2013年3月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
アダ・ベレス
第2代IBF女子ジュニアフェザー級王者

2012年3月24日 - 2014年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ジュリハン・ルナ