グローバル化の陥穽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グローバル化の陥穽』(グローバルかのわな、Die Globalisierungsfalle - Der Angriff auf Demokratie und Wohlstand)は1996年に発刊されたドイツ書籍。著者はハンス・ペーター・マルティン(Hans-Peter Martin)とハラルド・シューマン(Harald Schumann)。

グローバル化の趨勢を推測する論考を収録している。1997年英訳「The Global Trap: Civilisation and the Assault on Democracy and Prosperity」が発刊された。21世紀には経済を実質的に動かす人口二割の層と低所得・最低限の福祉によって養われるだけの人口八割の層からなる社会が訪れるという概念(20対80社会、20:80 Gesellschaft)を提起している。

参考文献[編集]

  • Die Globalisierungsfalle (ISBN 3499604507) Rowohlt Verlag.; 10. Auflage (November 1998); Broschiert