グルポ・メヒコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グルポ・メヒコGrupo México S.A.B. de C.V.)はメキシコ非鉄金属企業。ボルサ指数構成銘柄。メキシコ最大の鉱山企業であり、ペニョーレスとあわせて同国の鉱業生産の大部分を占める[1]を中心に、亜鉛モリブデンなどの採掘・精錬製錬事業、鉄道運輸サービス及びインフラ事業を行っている[2]。銅の埋蔵量においては、チリのコデルコと世界一を競っている[2]

沿革[編集]

詳しくは高木 (2011) 参照[2]

  • 1899年、米国に ASARCO英語版(American Smelting and Refining Co.)設立。
  • 1901年、ASARCO はメキシコにおいて鉱山経営を開始。
  • 1965年、ASARCO のメキシコ資産分離により、ASARCO Mexicana (AM) 設立。
  • 1974年、AMはINMSA(Industria Minera México)と社名を変更し、ASARCO の権益は 34%に縮小
  • 1978年、100%民族資本の GIMM(Grupo Industrial Minera México)設立。INMSA はMEDIMSA と名称変更し、GIMM 68.8 %、ASARCO 28.3%権益の GIMM の子会社となる。GIMM は、メキシコ株式市場に上場。
  • 1994年、新たに持株会社 Grupo México(GIMM 74%、ASARCO 23.6%)設立、MEDIMSA はその傘下に。GM 社はメキシコ株式市場に上場。
  • 1997年、鉄道会社を3社取得し、鉄道事業に参入。フェロメックス等、鉄道事業関連会社を設立。ASARCOは GM社の権益を全て売却。
  • 1999年、GM社がASARCOの権益100%を取得
  • 2000年、財務上の理由等から新GM社設立、旧GM社の株式を新GM社に移行、Grupo México S.A. de C.V. と社名変更。
  • 2005年、ASARCO、連邦倒産法第11章申請。GMはASARCOの経営権を喪失。
  • 2006年、コアウイラ州パスタ・デ・コンチョス炭坑爆発事故英語版発生、従業員65名死亡。
  • 2009年、ASARCOの債権完済、GMはASARCOの経営権を回復。

出典[編集]

  1. ^ 小島, 和浩「メキシコにおける外資系鉱山企業の活動状況 (PDF) 」 『金属資源レポート』第37巻第6号、石油天然ガス・金属鉱物資源機構、2008年3月、 789 - 807頁。
  2. ^ a b c 高木, 博康「メキシコ、主要非鉄金属企業の現状と展望(その2) (PDF) 」 『金属資源レポート』第41巻第4号、石油天然ガス・金属鉱物資源機構、2011年11月、 323 - 334頁。

外部リンク[編集]