グリマス (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
グリマス
Grimace
出身地 フランスの旗 フランス
職業 作曲家
活動期間 1350年 - 1375年

グリマスGrimace, aka Grymace, Grimache, 活動:1350年 - 1375年)は14世紀のフランス作曲家

グリマスはギヨーム・ド・マショーの同時代人で、音楽史でアルス・ノーヴァとして知られる時代に活動した。グリマスの生没年月日は不明で、わかっているのは、中世西洋音楽写本に曲を残していることくらいである。うち、5曲はグリマスの作品と考えて間違いないが、残りの2曲は様式の点でいささか疑わしい。グリマスの曲の中では、ヴィルレー『A l'arme, A l'arme(我が胸に、胸に)』が有名で、現代でもしばしば演奏されている。

グリマスの曲と考えて間違いない5曲は以下の曲である。

  • Dedens mon cuer(バラード
  • Des que buisson(バラード)
  • Se Zephirus/Se Jupiter(バラード)
  • Je voy ennui(ロンドー
  • A l’arme/A l’arme/Tru tru(ヴィルレー)

疑わしい2曲とは以下の曲である。

  • C’estoit ma douce(ヴィルレー)
  • Rescoés: Horrible feu d’ardent desir/Rescoés: Le feu de mon loyal servant(ヴィルレー)

参考文献[編集]

  • Gunther, Ursula. "Grimace". Grove Online. Accessed May 5, 2007.