グリコアルブミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

グリコアルブミン(英 glycoalbumin, GA)または糖化アルブミン(とうかアルブミン)とは、血清のタンパク質の主要成分であるアルブミン糖化されたもの。医療現場においては、糖尿病の病状を検査する目的で測定される。

意義[編集]

  • 血液中に存在するタンパク質はすべて、グルコースなどの還元糖によりシッフ反応アマドリ反応をうけ、糖化タンパク質となる。このうちアルブミンが糖化したものをグリコアルブミンと呼び、糖と接触した時間、糖の濃度に比例してその比率が増加するため、糖尿病における血糖値の指標として用いられる。
  • "glyco-"とは"糖の"という意味。"glucose"はブドウ糖、"glycogen"はグリコーゲン

検査方法[編集]

基準値・指標[編集]

  • 基準範囲は11~16%[1]
  • 日本赤十字社献血検査結果においては、基準値を16.5%未満としている。
  • 糖尿病のコントロール目標としては20%未満とする[2]
  • HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー、グリコ(糖化)ヘモグロビン)値を換算する場合は3倍にする。(HbA1c 6.5% であれば GA≒6.5 X 3=19.5≒20 %)
  • アルブミンの半減期は約17日程度であるので、グリコアルブミンは直近2週間(〜1ヶ月)の血糖の状態を反映する[3][4]
  • タンパクに異常を来たす疾患を合併したときには、測定値に影響をおよぼす事がある。その場合はHbA1c1,5-AGなどを疾患(糖尿病)のコントロール指標とする。

出典[編集]

  1. ^ 日本糖尿病学会編「B 糖尿病に関する指標」『2010糖尿病治療ガイド』文光堂、2010年。p9。
  2. ^ 血液透析患者の糖尿病治療ガイド2012 (pdf)”. 日本透析医学会 (2013年4月9日). 2015年7月13日閲覧。
  3. ^ 短期の血糖コントロール状態がわかるグリコアルブミン検査” (2008年5月21日). 2014年11月15日閲覧。
  4. ^ グリコアルブミン(GA)とは?”. 2014年11月15日閲覧。

関連項目[編集]