グラーム・ムイーヌッディーン・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グラーム・ムイーヌッディーン・ハーン(Ghulam Muin ud-din Khan, 生年不詳 - 1843年10月3日)は、北インドアフガン系ローヒラー族の族長。

生涯[編集]

グラーム・ムイーヌッディーン・ハーンはローヒラー族の族長ザービター・ハーンの次男として生まれた[1]

1788年10月、兄グラーム・カーディル・ハーンとともにマハーダージー・シンディアデリーを追われて逃げまわったが、その追撃は厳しく、翌年3月に兄は捕殺されてしまった[2]。グラーム・ムイーヌッディーン・ハーンは族長の地位を継いだが、追撃から逃れるためにパンジャーブへと逃げざるを得ず、同時にナジーバーバードの支配も失った[1]

1812年、グラーム・ムイーヌッディーン・ハーンはイギリスの助力によりナジーバーバードへと戻り、同時に年5,000ルピーを与えられることとなった[1]

1843年10月3日、グラーム・ムイーヌッディーン・ハーンはナジーバーバードで死亡した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Najibabad
  2. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.263

参考文献[編集]

  • フランシス・ロビンソン; 月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年 

関連項目[編集]