グランド・キャニオン・ビレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グランド・キャニオン鉄道駅(アメリカ合衆国国定歴史建造物
グランド・キャニオン電力供給所(アメリカ合衆国国定歴史建造物)

グランド・キャニオン・ビレッジ英語: Grand Canyon Village)は、アメリカ合衆国コロラド州ココニノ郡グランド・キャニオンのサウス・リム(South Rim)にある国勢調査指定地域(CDP)である。2010年の国勢調査では、その人口は2,004人であった。[1] グランド・キャニオン国立公園に位置し、この峡谷を訪れる観光客を収容することに完全に焦点を当てている。

村の起源は1901年に、サンタフェ鉄道によってウィリアムズからグランド・キャニオンのサウスリムにまで完成した鉄道にさかのぼる。現在使用されている建造物の多くは、その時代のものである。村には数多くのランドマーク的な建物があり、その歴史的中心部はアメリカ合衆国国定歴史建造物地区であり、町のデザインは卓越したものになっている。

脚注[編集]

  1. ^ Grand Canyon Village CDP, Arizona – Basic Facts”. AZ Hometown Locator. 2016年11月22日閲覧。

参照項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度03分21秒 西経112度08分32秒 / 北緯36.05583度 西経112.14222度 / 36.05583; -112.14222