グエン・チ・ミンカイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Flag of Vietnam.svg この人物の名前はベトナム人の命名慣習(姓・ミドルネーム・名)に従っており、呼称はではなく、を用います。
Nguyễn Thị Minh Khai
(グエン・チ・ミンカイ)
Nguyen Thi Minh Khai.jpg
グエン・チ・ミンカイ
生年: (1910-01-01) 1910年1月1日
生地: Flag of Colonial Annam.svgフランス領インドシナゲアン省ヴィン
没年: 1941年8月28日(1941-08-28)
没地: Flag of Colonial Annam.svgフランス領インドシナ、サイゴン(現ホーチミン市
思想: 共産主義
活動: ベトナム独立運動
所属: 新越革命団、インドシナ共産党
裁判: 死刑
刑場: サイゴン、ホクモン県
母校: カオ・スアン・ドゥック小学校
廟: ホーチミン市ホクモン県スアントイトゥオン村、Đền thờ Liệt sĩ Ngã Ba Giồng

グエン・チ・ミンカイ[1]またはグエン・ティ・ミンカイベトナム語: Nguyễn Thị Minh Khai / 阮氏明開1910年 - 1941年)、はベトナムの革命指導者であり、1930年代のインドシナ共産党指導者である。革命殉教者としてベトナム共産党に顕彰され、こんにちも多くの街に彼女の名が冠された道路や学校が存在する。

生い立ち[編集]

1910年1月1日、ゲアン省ヴィンのヴィエンイェン村に生まれる。誕生日については諸説あり、ベトナム女性連協会(Hội Liên hiệp Phụ nữ Việt Nam)のWEBサイトでは11月1日[2]、大団結新聞(Báo Đại Đoàn Kết)では9月30日とされている[3]

父親のグエン・フイ・ビン、通称ハン・ビンはハノイのニャンチン(現在のタインスアン区ニャンチン坊)のモック村[† 1]出身の人物であり、ヴィンで公務員を務めていた。母親はハティン省ドゥックトー県ドゥックトゥン出身の小売人、ダウ・チ・トゥーである。1919年、ミンカイはヴィンのカオ・スアン・ズック(高春育)小学校でクォック・グーの読み書きを習った。

革命家として[編集]

1927年には労働運動に参加し、ベトナム共産党の前身となる「新越革命党」(Tân Việt Cách mạng Đảng)の共同設立者として名を連ね、その後執行委員会のメンバーに選出された[4]

1930年にミンカイは香港に赴き、当時「阮愛國(グエン・アイ・クォック)」と名乗っていたホー・チ・ミンコミンテルン極東支部での秘書となった。翌年、ミンカイとホーは互いにひかれあう中となり[5]、結婚を計画していたが、ミンカイが破壊活動の容疑で英国警察に逮捕され投獄されたため、二人の仲は引き裂かれた[6]

殆ど知られていないが、いくつかの研究によると彼らは事実上の結婚状態であったという。一部の歴史家はふたりが正式な結婚式を行うことなく夫婦として生活していたと主張しているが、現在のベトナム政府は、「ホー・チ・ミンはその生涯において誰かと恋愛関係にあったことはなく、結婚もしていない」としている[7]

1931年から1934年の間、ミンカイは香港のイギリス政府によって投獄されていたが、1934年にはレ・ホン・フォン英語版と共にモスクワでの第7回コミンテルン世界大会に出席している。後にミンカイとフォンは結婚している。

1936年、ミンカイはベトナムに戻り、サイゴン(現在のホーチミン市)の共産主義者たちの指導者となったが、1940年にフランス植民地政府に捕縛され、翌年に[8]ホクモンで銃殺された[9][10]

家族[編集]

弟のグエン・フイ・ズンは心臓病を専門とする医師であり、大学教授でもある[† 2]。ホーチミン市のチョーライ病院の副所長を勤めていた。彼は詩の本のほか、医学や人文科学に関する書籍を多数執筆している[11]

妹のグエン・チ・クァン・タイもベトナムの独立運動の活動家であり、ヴォー・グエン・ザップの最初の妻であった。1944年1月29日にロビン療養所(現在のバックマイ病院)で死亡した。

夫のフォンは1939年に投獄され、後に「虎の檻」と称されたコンソン島のプロコンドール刑務所で1942年の9月に死去した[12]

フォンとの間にできた娘は1939年生まれのレ・グエン・ホン・ミンである。1954年に中国に留学し、後にソ連で機械工学を学び、帰国後にはベトナム共産党の研究員として働いた。1976年からホーチミン市の党委員となり、1995年まで勤めた[13]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コトバンク - 20世紀西洋人名事典の解説 - グエン・チ・ミンカイ”. 2016年12月31日閲覧。
  2. ^ Nguyễn Thị Minh Khai - người nữ bí thư thành uỷ Sài Gòn đầu tiên
  3. ^ Kỷ niệm 100 năm ngày sinh nhà cách mạng Nguyễn Thị Minh Khai (30-9-1910 - 30-9-2010): Lời tâm huyết cuối cùng (02/10/2010)
  4. ^ Nguyễn Thị Minh Khai - người nữ bí thư thành uỷ Sài Gòn đầu tiên, Dương Thuỷ - Bảo tàng Phụ nữ Việt Nam, Hội Liên hiệp phụ nữ Việt Nam, 08/11/2010
  5. ^ Ho Chi Minh: A Life - William J Duiker. Chapter 6[要ページ番号]: "He (Nguyen Ai Quoc)... had become romantically involved with Nguyen Thi Minh Khai, the alternate at the October 1930 plenary conference."
  6. ^ Ho Chi Minh: A Life - William Duiker[要ページ番号]
  7. ^ Ho Chi Minh: A Life - William Duiker. Chapter 7. [要ページ番号]"(O)fficial sources in Hanoi vigorously deny that a marriage between the two had ever taken place. Yet internal documents provide fairly strong evidence to the contrary, although it is possible that the two had never undergone a legal marriage ceremony and simply passed off their relationship to colleagues as man and wife."
  8. ^ Ho Chi Minh: A Life - Ch 8[要ページ番号]
  9. ^ Erik Harms Saigon's Edge: On the Margins of Ho Chi Minh City 2011 - Page 29 "... intersection, where many anticolonial figures perished, including, most famously, the trio of Nguyễn thị Minh Khai ... And nowadays the historic memorial to revolutionary martyrs executed at the “Giồng” triple intersection is threatened by ..."
  10. ^ J. Wills Burke Origines: the streets of Vietnam : a historical companion 2001 - Page 94 "NGUYỄN VĂN CỬ Nguyễn Văn Cừ was a Vietnamese revolutionary leader. He, along with Nguyễn Thị Minh Khai and Others, spearheaded the Nam Kỳ (Southem Region) Insurrection against the French that broke out in Gia Định Province in ..."
  11. ^ Triệu Xuân,"Tình xa xứ: Tấm lòng một người Việt xa quê", Văn nghệ sông Cửu Long. Truy cập 2008-26-12.
  12. ^ Ho Chi Minh: A Life - Ch 8
  13. ^ Phan Hoàng, "Gặp con gái của hai người anh hùng". Báo Bình Định. Truy cập 2008-26-12.

注釈[編集]

  1. ^ 訳注:現代の行政単位の「村」(xã:)ではない。翻訳元ベトナム語文での、伝統集落を示す「làng」を本記事では「村」と訳した
  2. ^ 訳注:ベトナムでは「教授」は職業名ではなく、称号の一種であるため退職後もそう名乗る。