クロード・オータン=ララ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロード・オータン=ララ
Claude Autant-Lara
生年月日 1901年8月5日
没年月日 2000年2月5日(満98歳没)
出生地 フランスの旗 フランス ヴァル=ドワーズ県
死没地 フランスの旗 フランス アルプ=マリティーム県アンティーブ
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ

クロード・オータン=ララ(Claude Autant-Lara, 1901年8月5日 - 2000年2月5日)は、フランス映画監督。代表作に『肉体の悪魔』『赤と黒』『パリ横断』がある[1]

経歴[編集]

1901年8月5日、ヴァル=ドワーズ県に生まれる[2]第一次世界大戦の間、母親とともにイングランドへ渡った[3]。1919年に帰国する[3]

1947年の監督作品『肉体の悪魔』で国際的な成功を収める[3]。1977年に映画監督業を引退する[3]

国民戦線の党員として1989年欧州議会議員選挙にて当選を果たすが、ナチスをめぐる発言が雑誌で取り上げられ、辞職した[1]

2000年2月5日、アルプ=マリティーム県アンティーブにて死去[2]。98歳没[2]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • 乙女の星(1946年)
  • 肉体の悪魔(1947年)
  • 雪の夜の旅人(1951年)
  • 七つの大罪「高慢」(1952年)
  • 青い麦(1954年)
  • 赤と黒(1954年)
  • 夜のマルグリット(1955年)
  • パリ横断(1956年)
  • 可愛い悪魔(1958年)
  • 勝負師(1958年)
  • 青い女馬(1959年)
  • 恋人たちの森(1960年)
  • 巌窟王(1961年)
  • 傷心(1965年)
  • 愛すべき女・女たち「快楽を運ぶ救急車」(1967年)

脚注[編集]

  1. ^ a b Daley, Suzanne (2000年2月9日). “Claude Autant-Lara, 98, a Film Director”. The New York Times. 2015年11月15日閲覧。
  2. ^ a b c Claude Autant-Lara”. AlloCiné. 2015年11月15日閲覧。
  3. ^ a b c d Erickson, Hal. “Claude Autant-Lara”. AllMovie. 2015年11月15日閲覧。

外部リンク[編集]