クルンタイ銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クルン・タイ銀行
Krung Thai Bank Public Company Limited
市場情報 SET
略称 KTB (又はKrung Thai)
本社所在地 バンコク
設立 1966年
業種 金融の銀行業
事業内容 普通銀行
主要株主 タイ金融機関振興・開発機構
主要子会社 クルンタイ投資信託
クルンタイカード
クルンタイ・アクサ生命
外部リンク [1](英語)
特記事項:財務省に直轄で大株主役では行いません
テンプレートを表示

クルン・タイ銀行 (KTB, Krung Thai Bank Public Company Limited, 鷹泰銀行, タイ語:ธนาคารกรุงไทย)は、タイで四番目に大きい及び国営企業の一つ銀行。タイ財務省に直轄。国内に500を超える支店、海外には東京香港台北を含め12の支店を持つ。タイ証券取引所に上場していて、SET 50 Indexにも採用されている。(2008年2月現在)

歴史[編集]

  • 1966年にタイ政府が農業銀行と州(Provincial)銀行を統合し、設立。
  • 1986年に国有化されたサイアム銀行(旧アジア信託銀行)を合併。
  • 1987年にサイアム銀行が無くなり、資産はクルン・タイ銀行に移された。
  • 1989年タイ証券取引所に上場。(この事項はタイ初上場の国営企業となった)
  • 1998年に経営破綻したバンコク商業銀行の優良資産のみ引受け及び債務問題したファスト・バンコク・シティ銀行を合併
  • 2002年にイスラム金融事業部も開始 (その後、2005年はタイ国立イスラム銀行へ事業移譲した)

その他[編集]

タイ国内では強豪のサッカークラブのクルン・タイ・バンクFCを有し、2008年にはAFCチャンピオンズリーグに出場。鹿島アントラーズとも対戦した。

外部リンク[編集]