クリストフ・フォン・ヘッセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリストフ
Christoph
ヘッセン=カッセル家
1901 Christoph.jpg
クリストフ・フォン・ヘッセン
全名 Christoph Ernst August
クリストフ・エルンスト・アウグスト
出生 1901年5月14日
ドイツの旗 ドイツ帝国
Flag of Prussia 1892-1918.svg プロイセン王国フランクフルト・アム・マイン
死去 1943年10月7日(満42歳没)
イタリア王国の旗 イタリア王国フォルリ近郊
配偶者 ゾフィー・フォン・グリーヒェンラント
子女
父親 カールレ1世
母親 マルガレーテ
宗教 キリスト教ルーテル教会
テンプレートを表示

クリストフ・フォン・ヘッセン=カッセル=ルンペンハイムドイツ語: Christoph von Hessen-Kassel-Rumpenheim, 1901年5月14日 - 1943年10月7日)は、ドイツヘッセン=カッセル家の公子、軍人。

生涯[編集]

ヘッセン=カッセル家の公子フリードリヒ・カールと、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の妹であるプロイセン王女マルガレーテの間に六男として生まれた。すぐ上の兄リヒャルトドイツ語版とは双子である。1931年11月3日に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党、NSDAP)に入党し、同党の69万6176人目の党員となった。ハインリヒ・ヒムラーの側近であり、親衛隊(SS)にも所属している。第二次世界大戦ではドイツ空軍の少佐にまで昇進した。

1930年12月15日にクロンベルク英語版において、ギリシャ王子アンドレオスの四女ソフィア(ゾフィー)と結婚した。1943年10月7日、イタリアアペニン山脈で起きた飛行機事故に巻き込まれて死亡した。遺体は事故発生の2日後に発見された。クリストフの死後、ゾフィーはハノーファー王子ゲオルク・ヴィルヘルムと再婚している。

子女[編集]

ゾフィーとの間に2男3女を儲けた。