クリストファー・レイバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クリストファー・レイバーン (Christopher Raeburn) は、イギリス東ロンドンで活躍しているファッションデザイナーである。19601990年代独軍によって実際に使用されたパラシュート素材を使い、オリジナル服のデザインを作成している。

受賞[編集]

  • ‘Bespoke’ Proposed range of women’s clothing and accessories for cycle commuters, following extensive research into the growth-trend in London. Deutsche Bank Pyramid Awards Shortlist, Spring ’06.
  • Umbro ‘Fashion. Kit. Lifestyle.’ RCA Based sportswear production - Capsule collection designed with the philosophy of inspiring and instigating the sport of football anywhere, anytime. Winner. June.’05.
  • Miss Selfridge – RCA Design Competition: Capsule collection experimenting in innovative textile and pattern cutting techniques. Singled out for its “attention to detail and masterful execution." WGSN, June ’05.
  • Pommery RCA Design competition. Winner. May ‘05.
  • Swarovski & the Costume Society Fabric and Gem Competition. Finalist.June‘04.

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 「クリストファー・レイバーン氏は旧軍服を使用し、美しいファッションを生まれ出す」 Guardianオンライン 2009年4月[1]
  • 「私たちがとりわけ注目しているのは、クリストファー・レイバーンという26歳の若いデザイナーと、有名なブランドのデザイナー、ティム・ソアによる協働作業だ」Vogue.co.uk 2009年2月[2]
  • “Sourced from uniforms from specific countries and vintages, Raeburn creates elegant pieces of clothing in stark contrast to the combat-ready materials from which they were made”, Coolhunting 08年12月[3]
  • “What I love most about his designs is his concept to use ethical materials, much like his ‘parachute’ notion to construct garments from this lightweight material and also the ‘Made in England’ stamp he can carry with his name,” Fashion156 08年12月[4]
  • 「機能性の高い新たな現代美を提案」 Fashionjp.net 09年6月[5]

脚注[編集]

外部リンク[編集]