クリスティーナ・ヤクボフスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリスティーナ・ヤクボフスカ
Krystyna Jakubowska
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Krystyna Jakubowska.jpg
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 (1943-12-15) 1943年12月15日(75歳)
出身地 ポーランドの旗 ワルシャワ
ラテン文字 Krystyna Jakubowska
身長 178cm
体重 66kg
 
獲得メダル
オリンピック
1964 東京
1968 メキシコシティ
世界選手権
1962 ソビエト連邦
ヨーロッパ選手権
1963 ルーマニア
1967 トルコ
テンプレートを表示

クリスティーナ・ヤクボフスカ(Krystyna Jakubowska、現姓:Jakubowska-Tabaka、女性、1942年12月15日 - )はポーランドの元バレーボール選手である[1]。1961年から1969年までポーランド代表で、東京オリンピックメキシコシティオリンピック二大会連続銅メダリスト[1]

選手キャリア[編集]

1961年に代表入りし、1962年にモスクワで開催された第4回世界選手権に出場し銅メダルを獲得した。翌1963年のヨーロッパ選手権では銀メダルを獲得した。

1964年に開催された東京オリンピックでは全5試合に出場し、銅メダルに輝いた。4年後のメキシコシティオリンピックでもポーランド代表として銅メダルに輝いている。ヤクボフスカの国際試合出場数は169試合にのぼる。

球歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b sports-reference.com. “Krystyna Jakubowska”. 2016年2月26日閲覧。