クリスティーナ・オルティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クリスティーナ・オルティスCristina Ortiz, 1950年 - )はブラジルピアニスト。クリスティーナ・オルティズ(またはオルティーズ)とも記す。

略歴[編集]

1969年ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝。イギリスを中心にヨーロッパで活躍する。古典派からフランス印象派バーンスタインなどの近代まで、幅広いレパートリーをもつ。

ヴィラ=ロボスのピアノ協奏曲全集、リチャード・ヒコックス指揮シティ・オブ・ロンドン・シンフォニアによるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集、クララ・シューマンのソロ・ピアノ曲のレコーディングで知られる。またモーシェ・アツモン指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と協演したラフマニノフピアノ協奏曲第2番は評価が高い。

これまでの主な共演者にウラディーミル・アシュケナージネーメ・ヤルヴィマリス・ヤンソンスデイヴィッド・ジンマン小泉和裕など。オーケストラはベルリン・フィルウィーン・フィルクリーヴランド管弦楽団シカゴ交響楽団チェコ・フィルハーモニー管弦楽団フィルハーモニア管弦楽団などである。

奏法や音楽性の特徴としては音楽的な中庸さとマイルドで優美な音色などが際立っている。

外部リンク[編集]