クリシュナ・ラーオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

クリシュナ・ラーオ(Krishna Rao, 1734年 - 1761年1月14日)は、インドデカン地方マラーター王国の宰相バージー・ラーオの息子。同国宰相バーラージー・バージー・ラーオの弟でもある。ナワーブ・シャムシェール・バハードゥル(Nawab Shamsher Bahadur)とも呼ばれる。

生涯[編集]

1734年マラーター王国宰相バージー・ラーオとその妃マスターニーの息子として生まれた[1]。母はブンデールカンドの領主チャトラサールの娘でもあった。

1761年1月14日第三次パーニーパットの戦いでほかの武将とともに戦死した[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b PESHWA (Prime Ministers)

関連項目[編集]