クララ・バートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クララ・バートン
Clara Barton 1904.jpg
クララ・バートンの写真
生誕 Clarissa Harlowe Barton
(1821-12-25) 1821年12月25日
アメリカ合衆国マサチューセッツ州ノース・オックスフォード
死没 (1912-04-12) 1912年4月12日(90歳没)
アメリカ合衆国メリーランド州グレン・エコー
墓地 North Cemetery, Oxford Massachusetts
職業 看護師, 人道支援家
著名な実績 アメリカ赤十字社の設立者
救急箱の原型作成と応急手当の普及[1]
署名
Clara Barton Signature, 1907.svg

クララ・バートンClarissa "Clara" Harlowe Barton 、1821年 12月25日 – 1912年4月12日)は、アメリカ赤十字社の設立者で、看護師のパイオニアである。また、特許事務官教師南北戦争期の病院勤務看護師を務めた。当時、看護教育はあまり制度が整っておらず、クララは看護学校に通っていなかったため、自分自身が学んだ看護の仕方を教えることにした[2]。外で働いている女性が少ない時代に、人道的な活動を行っていた彼女は興味深い存在である。

John J. Elwell大佐と恋愛関係になるなど、生涯を通して3度の告白を受けたが、結婚することは無かった[3]

人生[編集]

生い立ち[編集]

クララ・バートンは1821年12月25日、マサチューセッツ州ノース・オックスフォードで5人兄弟の末っ子として生まれた。父は地元の民兵の一員であり、議員も務め、愛国心と幅広い人道的関心を娘に与えた、Captain Stephen Bartonである[3]。母は Sarah Stone Bartonである。

彼女が3歳になったとき、クララ・バートンは兄スティーブンと一緒に学校に行くこととなった。そこでは読書とスペルが優れた成績であった。学校では、ナンシー・フィッツと親友となった。クララは極度に臆病であったため、彼女が子供の頃で唯一の知られている友人である[4]

クララが10歳のとき、彼女は納屋の屋根から落ちて重傷を負った兄弟のデイビッドを看護する仕事を自らに課し完治させた。クララは処方された薬を与え、当時の標準的な治療であるヒルに血を吸わせる瀉血の方法を習得した。彼女は医者があきらめてからも、デイビッドの世話をずっと続けて完治させた[4]

両親は内気な性格が治るようColston Stones High Schoolに彼女を送ったが、その試みは仇となった[5]。クララは更に臆病で抑うつ的で食べるのもままならなくなった。彼女は健康を取り戻すために家に戻ることとなった。

彼女が帰ったとき、彼女の家族はクララの父方のいとこが、4人の子供と妻と農場を残して亡くなったため、元々住んでいた家も修理が必要だったのもあり、助けるために移住した。仕事が終わった後、クララは彼女の家族に負担を感じさせないために仕事をしたいが、手伝わせてくれないから手持無沙汰で当惑していた[5]

彼女はいとこの男の子と遊ぶようになり、驚いたことに彼女は乗馬のような活動も上手にこなすようになった。クララの母親が男の子と遊ぶことに疑問を持ち始めたのは、彼女が負傷した後ではなかった。母親は、彼女がより女性的なスキルに焦点を当てるべきだと決断した。そして、クララのいとこの女の子一人を招いて、彼女の女性性を育てた。彼女のいとこからは、適切な社会的スキルを得た[6]

また、内気を克服するために、彼女の両親は彼女に学校の先生になるよう説得した。彼女は、1839年に17歳で始めて教師免許を取得した。この職業はバートンに大いに興味をもたせ、やる気をもたらした。彼女は労働者の子供たちに教育を受けさせる効果的な広報活動を終わらせた。 このような成功したプロジェクトは、正当な授業料を要求する時に必要な信頼をもたらした。

社会人生活[編集]

クララ・バートンは、1838年から12年間カナダと西ジョージアの学校で教育者を務めた。彼女は先生としてよくやっていた。クラスの暴れん坊も、子供のころから男兄弟らと過ごしていたため、扱いはお手のものであった。彼女は彼らの尊敬を得た事から、クラスの制御は容易となった。1850年、バートンはニューヨークのクリントン・リベラル・インスティテュート(Clinton Liberal Institute)で読み書きを研究し、教育をさらに進めることにした。

1852年、ニュージャージー州で初めてのフリースクールをBordentownで開くことになった。彼女は成功し、1年後に600人以上の生徒を教えるために別の女性を雇いいれ、その試みも成功した。この成果により、学校は新しい学校ビル建設のための約4,000ドルを調達することができた。しかし、これが完成した後、バートンは教育委員会が選出した男性に校長を譲ることとなった。教育委員会は、大きな組織の長に女性は相応しくないという姿勢をとっていた。彼女は神経衰弱と健康疾患で辞めるまで過酷な環境で働くことになった[7]

1855年、ワシントンD.C.に移り、米国特許庁の書記官として仕事を始めた[8]。この仕事は、男性の給与と同じ給与をもらえ、連邦政府で重要な書記として女性を雇い入れた初めての仕事であった。しかしその3年間も、彼女は男性職員から多くの虐待と中傷を受けた[9]。その後、官庁で働く女性に対する政治的反対がおき、1856年にジェームズ・ブキャナンの運営方針で、彼女の立場は写字生の立場に縮小され、彼女は「Black Republicanism(黒人共和主義者)」として解雇された[9]。マサチューセッツ州にある親戚や友人と3年間住んでいた彼女は、エイブラハム・リンカーン選出後、1861年秋に一時的に写字生として米国特許庁に戻り、政府機関で働く女性の数が増えることを期待していた。

南北戦争[編集]

1861年4月19日のボルチモア暴動英語版は、南北戦争初の流血事件となった。マサチューセッツ連隊内の犠牲者は、当時のバートンの家があった場所での暴動の後、ワシントンD.C.に移送された。彼女は国に貢献したいと考えていたため、怪我をした40人が到着する駅に行った。多くの人が負傷し、空腹で、何の手持ちの荷物もない制服を着た男たちに必要な個人的な援助を行った。彼女は、メリーランド州ボルティモアで攻撃された第六マサチューセッツ州立歩兵隊の若者たちが収容されていた未完成のワシントン庁舎に個人的に物資を支援し、彼らを助け始めた。

バートンは、一緒に働いている女性たちに、自分の人生で培った医療技術を教えることが出来ることに早くから気が付いた。他の女性らと共に病気や負傷した兵士のために衣服、食糧、物資を個人的に提供した。彼女は医療品の保管と配布方法を学び、気分を盛り上げるため、本を読んだり、彼らの家族への手紙を書いたり、話したりする等の精神的なフォローを行った[10]

そしてある日、軍から身分証明証を貰い、兵士の為の医療品を集め始めた。陸軍省と従軍外科医の反対にもめげず、さらなる支援を得る前に自らの家の居間を倉庫にし、1862年初めに数人の友人の助けを借りて戦場へ直接物資を配給し始めた。1862年8月、バートンは需品係将校英語版ダニエル・ラッカー(Daniel Rucker)から、ようやく最前線で働く許可を得た。そして、彼女はマサチューセッツ州上院議員ヘンリー・ウィルソンをはじめとした、多くの後援者の信任を得た。

第一次ブルランの戦い後、バートンはマサチューセッツ州の新聞に広告文を掲載した。それは心からの物資が殺到する反響を呼んだ[11]。彼女は、シーダー山の戦い第二次ブルランの戦いフレデリックスバーグの戦いなど、いくつもの戦場で怪我をした兵士に付き添い、到着した物資の分配、野戦病院の清掃、包帯を巻く、食糧の提供などの作業をこなした[12]。彼女は南軍も北軍も関係なく助けた。消耗品は必ずしも容易に入手できるわけでは無かった。例えば、アンティータムの戦いでは、包帯の代わりにトウモロコシの皮を使用した[13]

1863年に、John J. Elwell大佐と恋愛関係になった[14]

1864年、ベンジャミン将軍によって、ジェームズ軍の前線の病院の「女性責任者」に任命された。死と隣り合わせの環境の中、彼女は外科医や後援者の支援を受けて、「アメリカン ナイチンゲール」、「Angel of the Battlefield(戦場の天使)」として有名になった[10]

南北戦争後[編集]

南北戦争後、戦争省あてに行方不明の兵士の親類から問い合わせの手紙が届いており、その多くが無名兵士の墓に埋葬されてしまって答えられない事を知った。この状況を打開しようと、バートンはリンカーン大統領に連絡を取り、「行方不明の兵士」の調査を行う許可を取得した[15]

彼女はワシントンD.C.に、「作戦行動中行方不明」か殺されて行方不明になった兵士たちの調査事務所を開設した。バートンとアシスタントは、41,855件の質問に対する回答を書いて、22,000人以上の行方不明の人々を探し出した。バートンは1865年の夏、アンダーソンビル刑務所収容所、ジョージア州南部の捕虜収容所で死亡した13,000人を見つけ、特定し、適切に埋葬できるようにした[16]。そして4年間にわたって仕事を続け、2万人以上の兵士を適切に名前を付けて墓地に埋葬した[15]。議会は最終的に彼女のプロジェクトに$ 15,000を割当てた[17]

アメリカ赤十字社[編集]

バートンは、1865–1868年の体験を元に全米で講演を開き、広く知られる存在となった。そして、公民権運動家のスーザン・B・アンソニーなど、色々な人たちと会い影響を受けた。しかし、そういった活動の中で精神的にも肉体的にも疲労し、医者から現在の仕事を離れ休むように言われた。彼女は1868年にMissing Soldiers Officeを閉鎖し、ヨーロッパに渡った。1869年にスイスのジュネーブを訪れていた時、赤十字と、後にアメリカ赤十字設立の支援者となる Dr.アッピアを紹介された。また、中立的な立場で自発的な救援を提供する国家団体の設立(各国家における赤十字設立)を呼びかけたアンリ・デュナンの「ソルフェリーノの思い出」という本も勧められた。

1970年に、普仏戦争が始まり、彼女は従軍看護師として参加した。彼女は軍事病院の準備を行うバーデン大公妃を補佐し、戦時中の赤十字社に多くの援助を行った。 ドイツ当局などの支援要請を受けて多くの活動を行った。戦争後、彼女はバーデン金十字とプロイセン鉄十字勲章を授与された[18]

アメリカに帰国後、1873年にアメリカに赤十字を設立する活動を開始した。ラザフォード・ヘイズ大統領との会談は失敗したものの、その後のチェスター・A・アーサー大統領政権に、戦争だけでなく自然災害でも救助する組織の必要を訴えかけ、その説得に成功した。

1881年5月21日、ワシントンD.C.のI Streetアパートでアメリカ赤十字社の最初の公式会合が開催され、会長に就任した。1882年8月22日に、ニューヨーク州リビングストン郡ダンスビルに最初の支部が設立された[19][20]。その後、アメリカで怒った災害や戦争に多くの貢献を行い、またトルコなどにも支部を開設し、1896年の春にアルメニア人虐殺への人道支援にバートン自身も同行した。1898年にバートンはキューバの病院で働いていたが、すでに78歳であった。1900年のハリケーン・ガルベストン災害後の救援活動が、アメリカ赤十字社会長としての最後の仕事であった。

公私混同の批判によって、1904年、83歳で米国赤十字社の会長辞任を余儀なくされた。彼女は理想主義的な人道主義ではなく、進歩的な時代の現実的な効率性を反映した全世代の科学的専門家の新世代によって辞任を余儀なくされた[21]。 辞任後、バートンは、National First Aid Society を設立した。

晩年[編集]

1897年からメリーランド州グレン・エコーに住んでいた。1907年に彼女の自伝「The Story of My Childhood」を出版した。1912年4月12日、彼女は自宅で死亡した。 死因は結核であった。

史跡[編集]

Clara Barton National Historic Site

1975年、15年住んでいたメリーランド州グレン・エコーの家は、アメリカ合衆国国立公園局が管理している。en:National Historic Site (United States)(アメリカ国立史跡)となっている。内部は、アメリカ赤十字社の歴史等の展示が行われている。

Missing Soldiers Office

バートンがヨーロッパに渡るときに閉鎖され、長らく所在が忘れ去られていたが、1997年に関連資料等がビルの屋根裏部屋から発見されたことで、所在が明らかになった。このビルは取り壊しから救われ、2015年にNational Museum of Civil War Medicine(国立南北戦争医療博物館)となった[22][23]

クララ・バートンの名前が付いた物[編集]

アメリカでは、彼女の名前が付いた学校や道等が数多い。少なくとも学校が21校、通りが9本存在している。

  • Clara Barton Award:アメリカ赤十字社の各部署のリーダーへ贈られる最高功労賞

著作物[編集]

  • Barton, Clara H. The Red Cross-In Peace and War. Washington, D.C.: American Historical Press, 1898. OCLC 1187508.
  • Barton, Clara H. Story of the Red Cross-Glimpses of Field Work. New York: D. Appleton and Company, 1904. OCLC 5807882.
  • Barton, Clara H. The Story of My Childhood. New York: Baker & Taylor Company, 1907. Reprinted by Arno Press in 1980. OCLC 6015444.

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ First Aid Kitアメリカ合衆国国立公園局
  2. ^ Clara Barton- Founder of the American Red Cross”. 2017年5月5日閲覧。
  3. ^ a b Edward, James; Wilson James, Janet; S. Boyer, Paul (1971). Notable American Women 1607–1950: A Biographical Dictionary, Vol. 1.. Cambridge, MA: Belknap Pr.. pp. 103–107. 
  4. ^ a b Barton, Clara. The Story of My Childhood New York: Arno Press Inc, (1980)
  5. ^ a b Pryor, Elizabeth Brown. Clara Barton: Professional Angel Philadelphia: University of Pennsylvania Press, (1987)
  6. ^ Pryor, Elizabeth Brown (1988). Clara Barton: professional angel (1st pbk. print. ed.). Philadelphia: University of Pennsylvania. ISBN 978-0-8122-1273-0. 
  7. ^ Spiegel, Allen D. "The Role of Gender, Phrenology, Discrimination and Nervous Prostration in Clara Barton's Career". Journal of Community Health 20.6 (1995): 501–526.
  8. ^ Clara Barton, Dictionary of Unitarian & Universalist Biography
  9. ^ a b E. Willard, Frances; A. Livermore, Mary (2005). Great American Women of the 19th Century: A Biographical Encyclopedia. Amherst, NY: Humanity Books. pp. 81–82. 
  10. ^ a b Clara Barton | American Red Cross Founder | Who is Clara Barton”. 2016年12月9日閲覧。
  11. ^ Tsui, Bonnie (2006). She Went to the Field: Women Soldiers of the Civil War. Guilford: Two Dot. p. 110. ISBN 978-0-7627-4384-1. 
  12. ^ Oates, Stephen B. (1994). A Woman of Valor. Macmillan. pp. 58–64, 67–77, 83–91, 106–120. ISBN 0-02-923405-0. 
  13. ^ Hall, Richard H. (2006). Women on the Civil War Battlefront. Lawrence: University Press of Kansas. p. 41. ISBN 978-0-7006-1437-0. 
  14. ^ Oates, Stephen B. (1994). A Woman of Valor. Macmillan. pp. 145–146, 148–157. ISBN 0-02-923405-0. 
  15. ^ a b Harper, Ida H. "The Life and Work of Clara Barton". The North American Review 195.678 (1912): 701–712.
  16. ^ Clara Barton and Andersonville”. National Park Service. 2016年1月30日閲覧。
  17. ^ Peck, Garrett (2015). Walt Whitman in Washington, D.C.: The Civil War and America's Great Poet. Charleston, SC: The History Press. pp. 76–79. ISBN 978-1-62619-973-6. 
  18. ^ Wikisource-logo.svg 1つ以上の先述文章にはパブリックドメインである次の文書本文が含まれている: Wilson, James Grant; Fiske, John, eds. (1900). "Barton, Clara". Appletons' Cyclopædia of American Biography. New York: D. Appleton. 
  19. ^ Marks, Mary Jo. “History - Founder Clara Barton”. American Red Cross. 2014年5月21日閲覧。
  20. ^ McCullough, David title=The Johnstown Flood (1968). New York: Simon & Schuster. p. 239. ISBN 978-0-671-39530-8. 
  21. ^ David Henry Burton, Clara Barton: In the Service of Humanity (Greenwood, 1995)
  22. ^ Clara Barton Missing Soldiers Office”. National Museum of Civil War Medicine. 2015年9月23日閲覧。
  23. ^ Peck, Garrett (2015). Walt Whitman in Washington, D.C.: The Civil War and America's Great Poet. Charleston, SC: The History Press. pp. 76–80. ISBN 978-1-62619-973-6. 
参考文献
  • Ardalan, Christine. "Clara Barton's 1898 battles in Cuba: a reexamination of her nursing contributions." Florida Atlantic Comparative Studies Journal 12.1 (2010). online
  • Barton, William E. The Life of Clara Barton Founder of the American Red Cross. (1922) OCLC 164624867.
  • Burton, David Henry. Clara Barton: in the service of humanity (Greenwood, 1995); Major scholarly study online
  • Crompton, Samuel Etinde. Clara Barton: Humanitarian. New York: Chelsea House, 2009. ISBN 978-1-60413-492-6. OCLC 290489234.
  • Deady, Kathleen W. Clara Barton. Mankato: Capstone Press, 2003. ISBN 0-7368-1604-6. OCLC 50022907.
  • Dulles Foster R. The American Red Cross: A History (1950)
  • Henle, Ellen Langenheim. "Clara Barton, Soldier or Pacifist?." Civil War History 24.2 (1978): 152–160. online
  • Hutchinson, John F. Champions of Charity: War and the Rise of the Red Cross. Boulder: Westview Press, Inc., 1996. ISBN 0-8133-2526-9 OCLC 33948775.
  • Jones, Marian Moser. The American Red Cross from Clara Barton to the New Deal. Baltimore: Johns Hopkins University Press, 2013.ISBN 978-1-4214-0738-8 OCLC 786245443
  • Joyce, James Avery. Red Cross International and the Strategy of Peace. New York: Oceana Publications, Inc., 1959. OCLC 263367.
  • Oates, Stephen B. A Woman of Valor: Clara Barton and the Civil War. New York: Free Press, 1994. ISBN 0-02-923405-0OCLC 29259364
  • Pryor, Elizabeth Brown. Clara Barton: Professional Angel. Philadelphia: University of Pennsylvania Press, 1987. ISBN 0-8122-8060-1 OCLC 15792319.
  • Ross, Ishbel. Angel of the Battlefield: The Life of Clara Barton. New York: Harper and Brothers Publishers, 1956. OCLC 420062.
  • Safranski, Debby Burnett. Angel of Andersonville, Prince of Tahiti: The Extraordinary Life of Dorence Atwater. Alling-Porterfield Publishing House, 2008. ISBN 0-9749767-1-7 OCLC 613558868
  • Holder, Victoria L (Oct 2003). “From hand maiden to right hand-the birth of nursing in America”. Association of Operations Room Nurses 78 (4): 618-32. http://search.proquest.com/docview/200782850. 
歴史資料
  • Amico, Eleanor B., ed. Reader's Guide to Women's Studies ( Fitzroy Dearborn, 1998) pg.56–57

外部リンク[編集]