クヌーズ (デンマーク王子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クヌーズ王子、1935年

クヌーズ・クリスチャン・フレゼリク・ミカエル・ア・ダンマークKnud Christian Frederik Michael af Danmark, 1900年7月27日 ソーゲンフリ宮殿、コンゲンス・リュンビュ - 1976年6月14日 ゲントフテ)は、デンマーククリスチャン10世とその妃でメクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ3世の娘であるアレクサンドリーネの間の次男。1947年よりデンマーク王位継承者の地位にあり、世継ぎ王子(Arveprins)の称号で呼ばれたが、1953年のデンマーク王国憲法の改正によりその地位を失った。

1933年9月8日にソーゲンフリ宮殿において、叔父ハーラル王子の娘カロリーネ=マティルデと結婚した。1947年に男子のいない兄王フレゼリク9世が王位を継ぐと、クヌーズが次期王位継承者とされた。しかし1953年にデンマーク憲法が改正され、王位の女子継承が認められると、王位継承者の地位はフレゼリク9世の長女マルグレーテ(後のマルグレーテ2世)に移った。

子女[編集]

妻カロリーネ=マティルデとの間に2男1女をもうけた。

  • エリサベト(1935年 - )
  • インゴルフ(1940年 - )… 平民出身の女性との結婚の為、王室から離脱。(1995年にマルグレーテ2世が王族の自由な婚姻を認めるまで王族が平民出身者と結婚することは認可されていなかった) 
  • クリスチャン(1942年 - 2013年)… 平民出身の女性との結婚の為、王室から離脱。