クナマ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クナマ族
Kunama
総人口
150,000(1978年)
居住地域
エチオピアスーダン国境一帯
言語
クナマ語
宗教
イスラム教(一部)

クナマ族(クナマぞく、Kunama)は、エチオピアおよびスーダンに住む部族。

居住地[編集]

エチオピア北西部とスーダンにまたがる乾燥地帯に住んでいる。

小さな村に居住区を形成するように小屋をたてて暮らしている。

生活[編集]

雑穀を主食とする耕作を営み、少数のヤギヒツジを飼っている。少女は乳搾り、青年男性は農耕を受け持つ。

宗教[編集]

一部がイスラム教徒である。

参考文献[編集]

  • 『世界の民族 2』《熱帯アフリカ》平凡社、1978年。