クズネツォフ NK-25

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
機体より取り外されたNK-25

クズネツォフ NK-25ロシア語: НК-25)は、Tu-22M3戦略爆撃機に搭載するためソビエト連邦のクズネツォフNK-22ロシア語版をベースに開発した3軸式のターボファンエンジンである。推力は245kNNK-32エンジンに比肩する、世界有数の出力を有する航空用エンジンの一つである。680基が生産された。

開発[編集]

1971年7月28日より開発は開始された。1972年10月13日には最初のエンジンが完成した。1974年には、新しいエンジンはIzdeliye E(製品E)と指定され、Tu-22M2Eに搭載されてテストされた、1975年から1976年にかけてはTu-144LLでも試験が実施された。生産は1977年6月22日から開始され、1996年まで続いた。運用は1978年より開始されている。

仕様[編集]

一般的特性

  • 形式: 3軸式ターボファン
  • 全長: 7,300mm
  • 直径: 1,770(ノズルハウジングを含む)
  • 乾燥重量: 3,575kg
  • 総重量 4,275kg

構成要素

  • 圧縮機: ファン3枚軸流圧縮機(5段中圧・7段高圧)
  • 燃焼器: 7段高圧5段低圧
  • タービン: 1段高圧および中圧、2段低圧

性能

  • 出力: 245.1kN
  • バイパス比: 1.45
  • 燃料消費率:
    • 離陸時 2.1 kg/kgf/時
    • 最大(アフターバーナーは不使用) 0.58 kg/kgf/時
  • 推力重量比:
  • 制御 油圧機械式のバックアップ付きの電子制御

出典: [1][2][3][4]


ガスタービン型[編集]

NK-25をベースとした地上設置のガスタービン型としてNK-36STNK-37STが存在する。NK-36STは出力26.5MWの標準型で[5]、NK-37STは燃料ガスの圧力を高めた改良モデルである[6]。モジュラー設計により、輸送および設置作業を容易である。また天然ガス液体燃料での動作が保障されている[7]

NK-37ST 仕様
出力: 25,000 kW
燃焼ガス消費量: 5,255kg/h
排気ガス流量: 38kg/h
50ヘルツの周波数における出力軸の回転速度: 3,000回転/分
排気温度: 727ケルビン
効率: 36.4%
重量: 9,840kg
長さ: 6,300mm
直径: 2,200mm
寿命: 100,000時間
燃料: 天然ガス

参考[編集]

脚注[編集]