クォーク時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クォーク時代(Quark epoch)は、初期宇宙の進化において、重力電磁力強い相互作用弱い相互作用基本相互作用が現在の形になったが、宇宙の温度がまだ高すぎて、クォークが結合してハドロンになることはできていなかった段階である。クォーク時代は、電弱相互作用が弱い相互作用と電磁力に分かれ、電弱時代が終わったビッグバンの約10-12秒後に始まった。クォーク時代の間、宇宙は濃く熱いクォークグルーオンプラズマに満たされていた。粒子間の衝突は非常にエネルギーが高いため、クォークが結合してメソンバリオンになることはできなかった。クォーク時代は、ビッグバンの約10-6秒後に、粒子相互作用の平均エネルギーがハドロンの結合エネルギーを下回った時に終わった。続く時代は、クォークがハドロンに閉じ込められ始めた時に始まり、ハドロン時代として知られる。

出典[編集]

  • Allday, Jonathan (2002). Quarks, Leptons and the Big Bang. Second Edition. ISBN 978-0-7503-0806-9. 
  • Physics 175: Stars and Galazies - The Big Bang, Matter and Energy; Ithaca College, New York