クウェート亡命政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クウェート亡命政府
الحكومة الكويتية في المنفى (アラビア語)
クウェート 1990年 - 1991年 クウェート
クウェートの国旗
国旗
首都 ターイフ
アミール
1990年 - 1991年 ジャービル3世
首相
1990年 - 1991年サアド・アル=アブドゥッラー・アッ=サバーハ
変遷
クウェート侵攻 1990年8月5日
クウェート解放1991年2月26日

クウェート亡命政府(クウェートぼうめいせいふ、アラビア語: الحكومة الكويتية في المنفى‎)は、湾岸戦争中にイラククウェートを侵略・占領した後に成立した、クウェートの亡命政府である。

解説[編集]

1990年8月2日、シャイフジャービル・アル=アフマド・アッ=サバーハとその政府高官らはサウジアラビアに逃れ、ターイフで亡命政府を樹立した[1]

クウェート亡命政府は、他の多くの政府よりもはるかに豊かで、西側の銀行にある非常に大きなクウェートの資産を完全に処分することができた。この資産を利用して、イラクによる占領を非難する大規模なプロパガンダ運動を行い、イラクとの戦争を支持する西半球の世論を動員した。

1991年3月、湾岸戦争でイラクが連合軍に敗れると、シャイフと政府はクウェートへ戻ることができた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ottaway, David B. (1990年8月24日). “'ALIVE AND WELL,' KUWAITI GOVERNMENT SETS UP SHOP IN SAUDI HOTEL”. Washington Post. 2022年7月9日閲覧。