クイ・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クイ・リー(Kui Lee、本名クイオカラニ・リーKuiokalani Lee 1932年7月31日 - 1966年12月3日) ハワイシンガー・ソングライター1960年代に活躍した。ドン・ホー英語版が彼の曲を録音したことで有名になり、ホーはリーをハワイ音楽の新世代として応援していた。

伝記[編集]

赤がカウアイ島

中国上海生まれ。両親BillyとEthelはエンターテイナーで、スコットランド人・ハワイ原住民・中国人の子孫だった。Ethelは1936年に死去[1]

やもめとなった父はハワイに帰り、5歳だったリーをカメハメハ学校に、そしてルーズヴェルト高校に入れた[2]

その後、ニューヨークのレキシントン・ホテルの「ハワイの間」でナイフ・ダンサー、振付師として働いた[3]

そこでフラ・ダンサーのRose Frances Naone Leinani(愛称Nani)と出会い結婚[4]

Naniはリーとともにハワイに帰り、リーやDon HoとHoney'sで仕事した。彼女はSterling Mossman, Tommy Sands , Sons of Hawaii、ズールーなどとも共演している。

二人は四人の子ども- Wailana, Mahealani, Maile 、Kimoをつくった。

1961年、リーはカウアイ島のクラブやドン・ホーの母親が経営するクラブで働き、ホーはクイの歌を録音することでスターになった。ホーがステージでさかんに宣伝したことでリーも有名になった。

作曲で有名になったのは死の間際だった。The Extraordinary Kui Lee が生前に発表された唯一のアルバムだった[5]

そのアルバムには『I'll Remember You』が含まれており、後にドン・ホー、エルヴィス・プレスリー、Makaha Sons of Ni'ihauが歌い有名になった。

他にDays of my Youthという曲もあり、いまではハワイ音楽のスタンダードである。

最期の日々と夭逝[編集]

リンパ腺のがんで闘病した[2]

ティファナのガダラジャラGuadalajara病院で、1966年冬に亡くなった[1]。享年34。

遺灰はワイキキに散骨された。

1973年、エルヴィス・プレスリーが『アロハ・フロム・ハワイ[6]と題されたチャリティ・コンサートを行い、7万5千ドルの収益を「クイ・リーがん基金」に寄付した。このコンサートで歌われたことにより、エルヴィス版の『I'll remember you』(スタジオでのレコーディング、および映画『カリフォルニア万才』サントラ盤(Spinout)内のボーナス曲としての発売は1966年)が広く知られるようになった。

Nani Lee Meadowsもがんで2008年春に亡くなっている。

盤歴[編集]

  • The Extraordinary Kui Lee (2005) CD 719 (Sony)

参照[編集]

  1. ^ a b Kui Lee Memorial”. Find A Grave. 2010年5月15日閲覧。
  2. ^ a b Enomoto, Catherine Kekoa (1997年5月15日). “We'll Remember You”. Honolulu Star Bulletin. http://archives.starbulletin.com/97/05/15/features/story1.html 
  3. ^ Samoan Fire Knife Dance”. Media-HI, Inc. 2010年5月15日閲覧。 Media-HI, Inc
  4. ^ Shikina, Robert (2008年4月14日). “Nani Lee Meadows 1931-2008”. Honolulu Star Bulletin. http://archives.starbulletin.com/2008/04/13/news/story08.html 
  5. ^ Allen, Robert C (2004). Creating Hawaii Tourism. Bess Press. p. 206. ISBN 978-1-57306-206-0. 
  6. ^ Hopkins, Jerry (2002). Elvis in Hawaii. Bess Press. p. 75. ISBN 978-1-57306-142-1. 

資料[編集]

外部リンク[編集]