ギ酸デヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギ酸デヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.2.1.2
CAS登録番号 9028-85-7
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO
テンプレートを表示

ギ酸デヒドロゲナーゼ(formate dehydrogenase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

ギ酸 + NAD+ CO2 + NADH

反応式の通り、この酵素の基質はギ酸NAD+、生成物はCO2とNADHである。

組織名はformate:NAD+ oxidoreductaseで、別名にformate-NAD+ oxidoreductase, FDH I, FDH II, N-FDH, formic hydrogen-lyase, formate hydrogenlyase, hydrogenlyase, NAD+-linked formate dehydrogenase, NAD+-dependent formate dehydrogenase, formate dehydrogenase (NAD+), NAD+-formate dehydrogenase, formate benzyl-viologen oxidoreductase, formic acid dehydrogenaseがある。

参考文献[編集]

  • Davison, D.C. (1951). “Studies on plant formic dehydrogenase.”. Biochem. J. 49: 520-526. PMID 14886318. 
  • Quayle, J.R. (1966). “Formate dehydrogenase.”. Methods Enzymol. 9: 360-364. 
  • Jollie, D.R. and Lipscomb, J.D. (1991). “Formate dehydrogenase from Methylosinus trichosporium OB3b. Purification and spectroscopic characterization of the cofactors.”. J. Biol. Chem. 266: 21853-21863. PMID 1657982.