ギルバートのU-238原子力研究室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギルバートのU-238原子力研究室(Gilbert U-238 Atomic Energy Lab)は、アルフレッド・カールトン・ギルバート(en)が1950年から1951年にかけて発売したおもちゃの研究室[1]

商品のカタログには次のように記されていた。

驚異の場所が作れます!電子とアルファ線が秒速10,000マイル以上のスピードで旅するのを実際に見ることができます!とほうもない速さで旅をする電子は、繊細で複雑な凝結の軌跡をつくりだします - 美しい眺めです。霧箱の振る舞いを眺めて、原子を間近に見られるようになります!組み立てキット(チェンバーは数分で組み立てられます)には、乾電池、純水装置、圧縮バルブ、ガラスの観測チェンバー、配管、電力線、スタンドと脚が入っています。

広告
組み立て後のギルバートの霧箱

セットは49.50ドル2011年の通貨で458.99ドル)で発売され[2]、次のものが同梱されていた[1]

この商品は、子供が放射線源を摂取することが懸念されたため、1年足らずで店頭から引き上げられた。

脚注[編集]

  1. ^ a b American Memorabilia, retrieved December 15, 2006.
  2. ^ Inflation.
  3. ^ a b c Oak Ridge Associated Universities, retrieved December 26, 2009

外部リンク[編集]