ギョリュウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギョリュウ科クロンキスト体系
Tamarix aphylla
Tamarix aphylla
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: スミレ目 Violales
: ギョリュウ科 Tamaricaceae
学名
Tamaricaceae
Link

本文参照

ギョリュウ科 (Tamaricaceae) は双子葉植物のひとつでギョリュウなどを含む。草本または低木で、乾燥に強い種が多い。は小さい。日本には自生種はないが、ギョリュウなどが栽培種として持ち込まれている。北米では野生化している。

分類・分布[編集]

周北極および旧熱帯の、温帯から亜熱帯、特に地中海から中央アジアに分布する。 およそ4120がある。4属とするときの一例を示す。

Hololachna, Myricaria, Reaumuria, Tamarix

APG植物分類体系[編集]

APG植物分類体系ではFrankeniaceaeと姉妹群とされ、ナデシコ目である。

クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系ではスミレ目に入れる。

新エングラー体系[編集]

新エングラー体系でもスミレ目に入れる。

外部リンク[編集]