キンダー・モルガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒューストンの本社

キンダー・モルガン: Kinder Morgan, Inc.)は、石油天然ガスを中心とするパイプラインおよび貯蔵施設を保有し、エネルギー中流事業を行っているアメリカ合衆国株式会社テキサス州ヒューストンに本拠を置く。ニューヨーク証券取引所上場企業(NYSEKMI)。

沿革[編集]

1997年、リチャード・キンダー(Richard D. Kinder)とウィリアム・モルガン(William V. Morgan)の率いる投資家グループが、エンロンの保有していたパイプラインを買収し、Kinder Morgan Energy Partnersを設立したことに始まる[1]。キンダーとモルガンのビジョンは、税制上の利点を持つマスター・リミテッド・パートナーシップ(MLP)によるエネルギー会社にあり、石油や天然ガス、二酸化炭素のパイプラインやターミナルの資産購入と共に、投資事業体の形成を目的とする企業買収を重ねた[1]1999年コロラド州を拠点とするKN Energy Inc.を買収・併合したことで[2]シカゴ都市圏へ通じるパイプライン網を獲得[1]2005年8月、カナダバンクーバーを拠点とするTerasen Inc.を買収し、アサバスカ地域のオイルサンドに通じるトランス・マウンテン・パイプラインを獲得した[3]

2010年代にはシェール革命の進展に伴う事業拡大を志向し[4]2012年5月、エル・パソ(El Paso Corporation)の買収を完了[5]2013年1月、天然ガスパイプライン事業者のコパノ・エナジー(Copano Energy)の買収を完了する一方[6]、関係が複雑となったマスター・リミテッド・パートナーシップの見直しを発表[7]、またトランス・マウンテン・パイプラインの拡張計画への環境対策が不十分としてカナダで起こった反対運動を背景に、2018年同パイプラインをカナダ政府に売却することで合意した[8]

キンダー・モルガンは現在、アメリカ南部を拠点に、アメリカ本土各地を網羅する石油・天然ガスのパイプライン及び貯蔵施設を保有しており[9][10]、また二酸化炭素のパイプラインをニューメキシコ州周辺に保有している[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Company History” (英語). Kinder Morgan, Inc. 2019年6月30日閲覧。
  2. ^ KN Energy and Kinder Morgan to merge” (英語). Petroleum Economist (1999年9月2日). 2019年6月30日閲覧。
  3. ^ Kinder Morgan to buy Terasen in $5.6 billion deal” (英語). Oil&Gas Journal (2005年8月8日). 2019年6月30日閲覧。
  4. ^ シェール革命の実態と影響 (PDF)”. 日本貿易振興機構 (2013年7月). 2019年6月30日閲覧。
  5. ^ Kinder Morgan, Inc. Completes Acquisition of El Paso Corporation” (英語). Business Wire (2012年5月24日). 2019年6月30日閲覧。
  6. ^ Kinder Morgan to Buy Copano Energy for $3.2 Billion” (英語). ニューヨーク・タイムズ (2013年1月30日). 2019年6月30日閲覧。
  7. ^ 米キンダー・モルガンCEO、グループ統合後に新たな買収を模索”. ロイター (2014年8月12日). 2019年6月30日閲覧。
  8. ^ カナダ政府、キンダー・モルガンのパイプライン取得-約3800億円で”. ブルームバーグ (2018年5月30日). 2019年6月30日閲覧。
  9. ^ Asset Map(Oil Pipeline) (PDF)” (英語). Kinder Morgan, Inc. 2019年6月30日閲覧。
  10. ^ Asset Map(Natural Gas Pipeline) (PDF)” (英語). Kinder Morgan, Inc. 2019年6月30日閲覧。
  11. ^ CO2 Overview” (英語). Kinder Morgan, Inc. 2019年6月30日閲覧。

外部リンク[編集]