キンイロジェントルキツネザル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キンイロジェントルキツネザル
キンイロジェントルキツネザル
キンイロジェントルキツネザル Hapalemur aureus
保全状況評価[1][2]
CRITICALLY ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 CR.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 霊長目 Primates
亜目 : 曲鼻亜目 Strepsirrhini
下目 : キツネザル下目 Lemuriformes
上科 : キツネザル上科 Lemuroidea
: キツネザル科 Lemuridae
: ジェントルキツネザル属 Hapalemur
: キンイロジェントルキツネザル
H. aureus
学名
Hapalemur aureus
Meier, Albignac, Peyrieras, Rumpler & Wright, 1987[2][3]
和名
キンイロジェントルキツネザル[4]
英名
Golden bamboo lemur[2][3][5]

キンイロジェントルキツネザルHapalemur aureus)は、霊長目キツネザル科ジェントルキツネザル属に分類されるサル。別名キンイロタケキツネザルゴールデンジェントルキツネザルゴールデンバンブーリーマー[5][6]

分布[編集]

マダガスカル南東部[2][3][5]

形態[編集]

体長34 - 38センチメートル[5]。尾長38 - 42センチメートル[5]。体重1.5 - 1.65キログラム[5]。柔らかい体毛で密に被われる[5]。顔は金色がかった褐色の体毛で縁取られる[5]。胸部や腹部・尾の腹面は淡い金色がかった褐色[5]。種小名aureusは「金色の」意で、英名goldenと同義[6]

分類[編集]

1986年にラノマファナで発見され、1987年に新種として記載された[2][5]。1993年にはアンドリンギトラ山地でも発見された[2][5]

生態[編集]

行動圏は約80ヘクタールで、1日あたり約400メートルを移動する[5]。ペアと幼獣からなる3 - 6匹の家族群を形成して生活する[5]。薄明薄暮性だが、夜間に活動することもある[5]。主にタケの1種Cathariostachys madagascariensisを食べるが[2]、その他のタケ類・イネ科の植物も食べる[5]。妊娠期間は約138日[2]。11 - 12月に1匹の幼獣を産む[2][5]

人間との関係[編集]

分布が限定的で断続的・低密度であることに加えて、焼畑農業や竹林伐採による生息地の破壊、食用の狩猟などにより生息数は減少している[2]。1991年に生息地にラノマファナ国立公園が設置されたが、国立公園内でも森林伐採がおこなわれている[5]。2005年における生息数は2,500匹以下と推定されている[2]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Appendices I, II and III<http://www.cites.org/>(accessed April 22, 2016)
  2. ^ a b c d e f g h i j k Andriaholinirina, N., Baden, A., Blanco, M., Chikhi, L., Cooke, A., Davies, N., Dolch, R., Donati, G., Ganzhorn, J., Golden, C., Groeneveld, L.F., Hapke, A., Irwin, M., Johnson, S., Kappeler, P., King, T., Lewis, R., Louis, E.E., Markolf, M., Mass, V., Mittermeier, R.A., Nichols, R., Patel, E., Rabarivola, C.J., Raharivololona, B., Rajaobelina, S., Rakotoarisoa, G., Rakotomanga, B., Rakotonanahary, J., Rakotondrainibe, H., Rakotondratsimba, G., Rakotondratsimba, M., Rakotonirina, L., Ralainasolo, F.B., Ralison, J., Ramahaleo, T., Ranaivoarisoa, J.F., Randrianahaleo, S.I., Randrianambinina, B., Randrianarimanana, L., Randrianasolo, H., Randriatahina, G., Rasamimananana, H., Rasolofoharivelo, T., Rasoloharijaona, S., Ratelolahy, F., Ratsimbazafy, J., Ratsimbazafy, N., Razafindraibe, H., Razafindramanana, J., Rowe, N., Salmona, J., Seiler, M., Volampeno, S., Wright, P., Youssouf, J., Zaonarivelo, J. & Zaramody, A. 2014. Hapalemur aureus. The IUCN Red List of Threatened Species 2014: e.T9672A16119513. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2014-1.RLTS.T9672A16119513.en. Downloaded on 22 April 2016.
  3. ^ a b c Colin P. Groves, "Hapalemur aureus". Mammal Species of the World, (3rd ed.), Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, p. 116
  4. ^ 相見滿・小山直樹 「キツネザル類はどのように分類されてきたか」『霊長類研究』第22巻 2号、日本霊長類学会、2006年、97-116頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 小山直樹 「キンイロタケキツネザル」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ8 太平洋、インド洋』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2001年、41、154-155頁。
  6. ^ a b 岩本光雄 「サルの分類名 (その8:原猿)」『霊長類研究』第5巻 2号、日本霊長類学会、1989年、129-141頁。

関連項目[編集]