キリノッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
キリノッチ
கிளிநொச்சி
කිලිනොච්චි
Kilinochchi
キリノッチ裁判所
キリノッチ裁判所
座標 : 北緯9度23分 東経80度24分 / 北緯9.383度 東経80.400度 / 9.383; 80.400
行政
スリランカの旗 スリランカ
  北部州(スリランカ)の旗 北部州
 県 キリノッチ県
 市 キリノッチ
その他
等時帯 スリランカ標準時 (UTC+5:30)

キリノッチタミル語: கிளிநொச்சிシンハラ語: කිලිනොච්චි英語: Kilinochchi)は、スリランカ北部州キリノッチ県の都市である。州都ジャフナからA9ハイウェイで南東に100kmほどの距離に位置している。キリノッチ県の県都であり、スリランカ内戦中はタミル・イーラム解放のトラ (LTTE) の事実上の首都でもあった[1]

歴史[編集]

キリノッチのLTTE部隊(2004年)
ウーマン・タイガーのパレード(2002年)

キリノッチは元々、1936年ジャフナの人口増大に対処するための入植プロジェクトの一環として設立された。[2]

LTTEが最初にこの町を確保したのは1990年のことである。1996年9月には政府軍が奪還するも、2年後の1998年9月には再びLTTEの支配下となっており、最終的に内戦終結直前の2009年1月2日に政府軍が攻略に成功するまで、この地はLTTEの本拠地としての役割を担っていた。[3]

人口動態[編集]

キリノッチの人口の大半はスリランカ・タミルが占める。

経済[編集]

キリノッチは古代から農業が盛んな地域にあり、溜池灌漑を用いたやその他作物の栽培が行われている。

コロンボ首都圏とジャフナを結ぶ鉄道のノーザンラインはキリノッチを通過している。この路線は内戦勃発後の1985年に運休されており、かつLTTEにより資材が取り去られるなど破壊された状態にあったが、内戦終結後は再建が進められ、2013年9月にはコロンボ-キリノッチ間で運行が再開された。[4]

参考文献[編集]

関連項目[編集]