スリランカ陸軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
スリランカ陸軍
Flag of the Sri Lankan Army.png
陸軍旗
活動期間1881年4月1日 - 現在[1]
国籍スリランカ
軍種スリランカ軍
兵科陸軍
任務国土の防衛治安維持
兵力276,700人[2]
上級部隊国防省
司令部コロンボ
標語ラテン語: Pro Patria
"For Country"
記念日10月9日
主な戦歴第二次世界大戦
1971年スリランカ人民解放戦線反乱英語版
1987年-1989年スリランカ人民解放戦線反乱英語版
スリランカ内戦

スリランカ陸軍シンハラ語: ශ්‍රී ලංකා යුද්ධ හමුදාව; Sri Lanka Yuddha Hamudawa、タミル語: இலங்கை படைத்துறை英語: Sri Lanka Army)は、スリランカ陸軍

概要[編集]

スリランカ陸軍はスリランカ軍の中で最も古い歴史を持っており、その起源は1881年のCeylon Light Infantry Volunteer (CLIV) まで遡ることが出来る。1949年セイロン陸軍として発足した後、1972年の共和制移行に伴う国名の変更により現在の名前となった。2010年現在、陸軍は約20万人の人員と約2万~4万人の予備役、1万8千人のナショナル・ガード英語版を有しており[3][4]、1空中機動旅団コマンド旅団、1特殊部隊旅団、1独立機甲旅団、3機械化歩兵旅団、それに40歩兵旅団の計13師団から構成される[5]1980年代から2009年において、陸軍は主にスリランカ内戦に投入された。

装備[編集]

T-55AM2戦車

装甲車両[編集]

型式 開発国 保有数 ノート
主力戦車
アル・ハーリド戦車[6][7] パキスタンの旗 パキスタン 22
T-55/T-55AM2[8] ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 140+
69式戦車[9] 中華人民共和国の旗 中国 20+
59式戦車 中華人民共和国の旗 中国 80+
軽戦車
63式水陸両用戦車 中華人民共和国の旗 中国 水陸両用
歩兵戦闘車
BMP-3[10] ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 45
BMP-2 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 240
BMP-1 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 13
装甲兵員輸送車
89式装甲兵員輸送車 (YW534)[11] 中華人民共和国の旗 中国 装軌
85式装甲兵員輸送車 (YW531H) 中華人民共和国の旗 中国 装軌, 水陸両用
63式装甲兵員輸送車 (YW531)[12] 中華人民共和国の旗 中国 装軌
BTR-80 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 45 装輪
92式装輪装甲車 (WZ551) 中華人民共和国の旗 中国 200 装輪
ユニブッフェル装甲兵員輸送車 スリランカの旗 スリランカ 53+ ブッフェルMk.1のスリランカ派生形
ユニコーン装甲兵員輸送車 スリランカの旗 スリランカ 60+ ブッフェル初期型のスリランカ派生形
ブッフェル装甲兵員輸送車 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ 対地雷防御能力を備えた装甲兵員輸送車
BTR-152 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 装輪, 退役済
Hotspur Hussar英語版[13] イギリスの旗 イギリス 装輪, 退役済
ショーランドS55英語版 イギリスの旗 イギリス 装輪, 退役済
Hotspur英語版[13] イギリスの旗 イギリス 装輪, 退役済
偵察戦闘車
FV601 サラディン イギリスの旗 イギリス 装輪, 退役済
FV603 サラセン イギリスの旗 イギリス 装輪, 退役済
デイムラー フェレット イギリスの旗 イギリス 装輪, 退役済
戦闘工兵車
VT-55[14] ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 16 装甲回収車
MT-55A英語版[15] ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 8 架橋戦車

火砲[編集]

型式 開発元 保有数 ノート
ロケット砲
RM-70[14] チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア 30+ 122.4 mm多連装ロケット砲
BM-21[14] ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 5 122.4 mm多連装ロケット砲
牽引砲
66式152mm榴弾砲 中華人民共和国の旗 中国 36 152 mm榴弾砲
59式130mm野砲 中華人民共和国の旗 中国 12 130 mm野砲
60式122mm加農砲 中華人民共和国の旗 中国 122 mmカノン砲
QF 25ポンド砲 イギリスの旗 イギリス 野砲, 儀礼用
QF 75mm砲 イギリスの旗 イギリス 野砲, 儀礼用
迫撃砲
86式 (W86) 中華人民共和国の旗 中国 55 120 mm牽引式迫撃砲
84式 (W84) 中華人民共和国の旗 中国 82 mm迫撃砲
89式 中華人民共和国の旗 中国 60 mm軽迫撃砲
対砲兵レーダー
AN/TPQ-36対砲兵レーダー英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 対砲兵レーダー
SLC-2レーダー英語版 中華人民共和国の旗 中国 対砲兵レーダー

歩兵装備[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ en:Sri_Lanka_Light_Infantry
  2. ^ http://www.sundayobserver.lk/2010/07/25/sec04.asp
  3. ^ Country Reports on Human Rights Practices - 2000”. U.S. State Department (2001年2月23日). 2007年3月23日閲覧。
  4. ^ Army now 150,000 strong recruits more, readies for big battles on the Vanni front. The Island
  5. ^ “Deadly arsenals dot Sri Lanka”. Richard M Bennett (Asia Times Online). (2006年8月5日). http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HH05Df02.html 
  6. ^ Redefining Sri Lanka - Pakistan Ties an Indian Perspective”. 2013年3月19日閲覧。
  7. ^ Sri Lanka Buying Al-Khalid Tanks from Pakistan”. 2013年3月19日閲覧。
  8. ^ Sri Lanka Asks Pakistan For USD60 Million in Defence Assistance”. Jane's Information Group (2006年6月8日). 2006年10月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年3月15日閲覧。
  9. ^ Type 69 Main Battle Tank”. GlobalSecurity.org (2005年7月31日). 2007年3月15日閲覧。
  10. ^ Sri Lanka (LTTE)”. International Institute For Strategic Studies (2007年3月15日). 2012年6月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年3月15日閲覧。
  11. ^ ZSD89 Armoured Personnel Carrier”. sinodefence.com (2007年). 2007年12月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年12月2日閲覧。
  12. ^ Type 63”. nation.lk. 2012年5月22日閲覧。
  13. ^ a b Military Balance, Sri Lanka”. Institute of Peace and Conflict Studies. 2006年10月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年3月14日閲覧。
  14. ^ a b c United Nations Register of Conventional Arms (PDF)”. United Nations (2003年8月21日). 2007年3月16日閲覧。
  15. ^ Saferworld's research project on arms and security in EU Associate Countries, Czech Republic Archived 2008年10月2日, at the Wayback Machine.
  16. ^ a b c d e f g h i j Smith, Chris (October 2003) (PDF). In the Shadow of a Cease-fire: The Impacts of Small Arms Availability and Misuse in Sri Lanka. Small Arms Survey. http://www.smallarmssurvey.org/files/sas/publications/o_papers_pdf/2003-op11-sri_lanka.pdf 
  17. ^ T 81 Assault Rifle”. SinoDefence. 2007年2月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年3月14日閲覧。
  18. ^ International, Amnesty; International Secretariat, AI Ireland, Omega Foundation (PDF). Undermining Global Security: the European Union’s arms exports (1st Edition ed.). Amnesty International. ISBN 0-86210-356-8. http://www.smallarmssurvey.org/files/portal/spotlight/ammunition/ammun_pdf/2004_amnesty_international.pdf 2007年3月14日閲覧。 
  19. ^ Profiling the Small Arms Industry”. Arms Trade Resource Center. World Policy Institute (2000年11月). 2007年3月15日閲覧。
  20. ^ Accuracy International L96A1”. www.MilitaryFactory.com (2009年1月16日). 2009年1月20日閲覧。
  21. ^ Trans-National Crime and Light Weapons Proliferation: Security Implications for the State”. Tara Kartha. IDSA (2002年8月15日). 2006年12月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年3月15日閲覧。
  22. ^ [1]
  23. ^ Biography of Mikhail Kalashnikov”. VRQ International, Inc. (2004年1月14日). 2007年3月15日閲覧。
  24. ^ a b Sri Lanka, The Army”. Photius Coutsoukis. 2007年3月14日閲覧。
  25. ^ If You're Involved in Resolving the”. ibiblio.org (1999年1月5日). 2007年3月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]