キラヤ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キラヤ科
Quillaja saponaria.jpg
Quillaja saponaria
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: キラヤ科 Quillajaceae
: キラヤ属 Quillaja
学名
Quillaja
D.Don

本文参照

キラヤ科 (Quillajaceae) は被子植物の一つで、キラヤ属 (gen. Quillaja) 1の3からなる。クロンキスト体系ではバラ科の中の1属とされたが、分子系統学の進展によりマメ科に近いとして、APG分類体系ではマメ目の中の科として独立させた。

南米温帯産の常緑の小高木である。には花弁・がくが5枚ずつある。また大きな蜜槽があり、その上下にそれぞれ5本の雄蕊がつく。雌蕊も5本あり、それぞれがマメ科にやや似た細長い袋果(写真参照)になる。

Quillaja saponaria は樹皮にサポニンを多く含み、古くから薬用や石鹸代わりとして、また乳化剤として化粧品や食品(既存添加物)に用いられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]