キャス・デイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キャス・デイリー
Cass Daley
生誕 Catherine Dailey
(1915-07-17) 1915年7月17日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州フィラデルフィア
死没 1975年3月22日(1975-03-22)(59歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルスハリウッド
職業 女優歌手コメディエンヌ
活動期間 1936年 - 1975年
配偶者 フランク・キンセラ (Frank Kinsella)
(m.1941年 - ?)
ロバート・ウィリアムソン (Robert Williamson )
(1966年10月20日 - 1975年:デイリーの死まで)

キャス・デイリー(Cass Daley、本名:キャサリン・デイリー、Catherine Dailey、1915年7月17日 - 1975年3月22日)は、アメリカ合衆国のラジオ、テレビ、映画で活躍した女優歌手コメディエンヌアイルランド系路面電車の車掌の娘であったデイリーは、1940年代から、ナイトクラブや、ラジオに、バンドのボーカリストとして出演し始めた。

経歴[編集]

デイリーは子どもの頃から、近所の店先で歌いはじめていた。彼女は、その出っ歯と滑稽な歌い方で知られ、十代の頃からクローク係や電気工として働きながら、クラブで歌っていた。1930年代には、舞台に上がるようになり、1936年から1937年にかけては『Ziegfeld Follies』の舞台にも立った。1940年代には、デイリーは映画に進出して、『The Fleet's In』(1942年)ではドロシー・ラムーアベティ・ハットンと共演し、『Crazy House』(1943年)ではオーレ・オルセン (Ole Olsen) やチック・ジョンソン (Chic Johnson) と共演した。1943年の映画Riding High』ではディック・パウエルやドロシー・ラムーアと共演し、1945年の映画Out of This World』ではエディ・ブラッケン (Eddie Bracken) やダイアナ・リン (Diana Lynn) と共演した。1954年の『Red Garters』ではローズマリー・クルーニーと共演したが、1967年の映画The Spirit Is Willing』や1970年の映画Norwood』が、最後に出演した映画となった。

1944年には、コメディアンボブ・バーンズ (Bob Burns) がNBCラジオでもっていた番組『The Bob Burns Show』に、準レギュラーとして、何度もゲスト出演した。第二次世界大戦中のデイリーは、海外に派兵されたアメリカ兵たちの間で、歌手として大いに人気を博し、米軍ラジオ放送 (Armed Forces Radio Service (AFRS)) の番組『Command Performance』や『Mail Call』などにたびたび出演した。1945年、デイリーは、人気ラジオ番組『The Fitch Bandwagon』のキャストに加わった。1950年には、自身の冠番組『The Cass Daley Show』をもつに至った[1][2]

デイリーは、ホーギー・カーマイケルとともに、何枚かレコードを吹き込んだ。そのうちの1曲である「The Old Piano Roll Blues」は、1950年Billboard Hot 100 のチャートで最高11位まで上昇して10週にわたってチャートに留まり、1951年には「Aba Daba Honeymoon」が最高23位まで上昇して3週の間チャートに留まった。

「Put the Blame on Mame」のデイリーが1946年に吹き込んだバージョンは、わずか2か月の間に15万枚を売り上げた[3]

やがてラジオが衰退すると、デイリーは引退し、カリフォルニア州ニューポートビーチで、ひとり息子を育てた。夫であったフランク・キンセラ (Frank Kinsella) と離婚した後、1970年代にカムバックを試み、テレビ、映画、舞台などで端役を演じた[2]1972年には、昔懐かしいレビュー『Big Show of 1928』の一座に加わり、全米各地を巡業して、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにも出演した。

[編集]

1975年3月22日、59歳になっていたデイリーは、ひとりでいた自宅アパートの部屋で、ガラス製のコーヒーテーブルの上に転倒した姿で発見された。ガラスの破片が喉を切り、帰宅した夫が発見する前に、彼女は失血死に至っていた[4]。テレビ、ラジオ業界への貢献に対して、キャス・デイリーは、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームのハリウッド・ブルバード6303番地にテレビへの貢献に対するもの[5]、同じく6710番地にラジオへの貢献に対するものと[6]、2つの星を与えられている。キャス・デイリーの亡骸は、カリフォルニア州ハリウッドハリウッド・フォーエヴァー・セメタリー (Hollywood Forever Cemetery) のセクション8 (the new Garden of Legends) の道路脇に葬られた。

フィルモグラフィ[編集]

映画
映画 役柄 注記
1942 The Fleet's In Cissie
Star Spangled Rhythm Mimi
1943 Crazy House 本人/Sadie Silverfish
Riding High Tess Connors
1945 Out of This World Fanny (drummer)
Duffy's Tavern 本人
Screen Snapshots: Radio Shows 本人 - The Sunday Bandwagon Program 短編
1946 Unusual Occupations 本人(クレジットなし) 短編
1947 Ladies' Man Geraldine Ryan
Variety Girl 本人
1951 Here Comes the Groom 本人
1954 Red Garters Minnie Redwing
1967 幽霊たちの饗宴 (The Spirit Is Willing) Felicity Twitchell
1970 The Phynx 本人
Norwood Mrs. Remley
テレビ
番組名 役柄 注記
1950 The Jack Carter Show 本人 1回出演
The Ed Wynn Show 本人 1回出演
1952 Stars in Their Eye 本人
1954 The Bob Hope Show 本人 1回出演
1955 The Jimmy Durante Show 本人 1回出演
1964 Bob Hope Presents the Chrysler Theatre Patsy Willis 1回出演

ディスコグラフィ[編集]

曲名 チャート 売り上げ
1940 It's the Last Time I'll Fall in Love/ Where Were You Last Night? - -
1946 Put the Blame on Mame/ The Truth of the Matter Is - 150.000
1946 Mama's Gone, Goodbye/ That's the Beginning of the End - -
1947 Fightin' Love/ Grandma Teeter Totter (With Hoagy Carmichael) - -
1949 Kiss Me Sweet/ It's a Cruel, Cruel World - -
1949 A Good Man Is Hard to Find/ All Right, Louie, Drop the Gun - 500.000
1950 Louisville Lou/ Mister Honkey Tonk - -
1950 The Old Piano Roll Blues/ Stay with the Happy People (With Hoagy Carmichael) #11 -
1950 We Get Along So Good Together/ The One That I Want Won't Have Me (With Buz Butler) - -
1951 I'm Waiting Just for You/ Woman Is a Five Letter Word (With Hoagy Carmichael) - -
1951 Aba Daba Honeymoon/ Golden Rocket (With Hoagy Carmichael) #23 -
1953 The Call of the Wild/ These Are the Things I Remember - -

脚注[編集]

  1. ^ “Ugly Duckling”. Time. (1946年1月28日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,855342,00.html 2009年3月2日閲覧。 
  2. ^ a b Cullen, Frank; Hackman, Florence; McNeilly, Donald (2007). Vaudeville, Old & New: An Encyclopedia of Variety Performers in America. Routledge. pp. 289. ISBN 0-415-93853-8. 
  3. ^ “'Mame' A Hit! : Cass Daley Record Soaring in Sales”. Pittsburg Post-Gazette: p. 47. (1946年11月24日). http://news.google.com/newspapers?nid=1144&dat=19461124&id=qlkbAAAAIBAJ&sjid=1EwEAAAAIBAJ&pg=4520,3271194 2014年11月20日閲覧。 
  4. ^ Martin, Linda; Segrave, Kerry (1986). Women in Comedy: The Funny Ladies from the Turn of the Century to the Present. Citadel Press. pp. 210. ISBN 0-8065-1000-5. 
  5. ^ HWOF Cass Daley”. HWOF LLC.. 2014年11月20日閲覧。 - テレビ
  6. ^ HWOF Cass Daley”. HWOF LLC.. 2014年11月20日閲覧。 - ラジオ

外部リンク[編集]