キムスゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キムス・ゲームKim's Game、キムズ・ゲームとも)は、観察力と記憶力を鍛え、競うためのゲームである。

このゲームの名前はラドヤード・キップリングの小説「少年キム」(1901年)の主人公の名前に由来する。

ルール[編集]

ボーイスカウト運動の創始者であるロバート・ベーデン=パウエル卿の著書「スカウティング・ゲームズ(Scouting Games)」には、このゲームについて次のように解説されている。

  1. スカウトマスターは、トレイの上に15個未満[1]の様々な物品(ナイフスプーン鉛筆ペン、小石、など)を集め、布などで覆って見えないようにしておく。
  2. ゲームの参加者を、トレイがよく見えるような位置に座らせる。
  3. スタートの合図と同時に覆いをはずし、参加者にトレイの上の様々な物品を1分間観察させる。
  4. 1分が過ぎたら再び覆いをかぶせ、参加者たちそれぞれに「トレイの上にどんな物品があったか」について、覚えているかぎり紙に書き出させる(もしくは、スカウトマスターのところに順番に来させ、どんな物品があったかについてささやかせる)。
  5. 最もたくさんの物品を覚えていた者がゲームの勝者となる。

また、もっと多くの物品を用意し、そのうちの何個を覚えていればクリア、もしくは最も多くの物品を記憶していたものが勝者、というゲームとして行われることもある。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 旧ボーイスカウト進級課目(2級)では、1分間で24個中16個以上記憶する事になっていたので、日本のボーイスカウトでは24個で行うことが多い。