キティ・ジェノヴィーズ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キティ・ジェノヴィーズ事件
場所 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州クイーンズ郡オースティン通り82-62
標的 キティ・ジェノヴィーズ
日付 1964年3月13日
3時20分 – 3時50分
攻撃手段 帰宅途中の被害者を襲撃
攻撃側人数 モースリーの単独犯
武器 ナイフ
死亡者 キティ・ジェノヴィーズ
犯人 ウィストン・モースリー
動機 被害者への暴行のため
防御者 犯行現場の住人(声のみ)
対処 裁判の結果、犯人は終身刑に処される

キティ・ジェノヴィーズ事件とは1964年3月13日アメリカニューヨーク州クイーンズ郡キュー・ガーデン地区で発生した殺人事件である。この地区に住むキティ・ジェノヴィーズ(Kitty Genovese)(キャスリーン・ジェノヴィーズ)が帰宅途中であるキューガーデン駅の近くで殺害された。ニューヨーク・タイムズは、彼女は大声で助けを求めたが、近所の住人は誰ひとり警察に通報しなかったと報じた[1]。この事件がきっかけとなり、傍観者効果が提唱された。

事件の概要[編集]

事件当日、ジェノヴィースはキュー・ガーデン地区とは別地区であるホリス英語版にてバーのマネージャとして未明まで仕事をしていた。自宅近くの駐車場まで車で帰宅し、そこから自宅まで歩いているところをモースリーにナイフで背中を刺された。ジェノヴィースは悲鳴を上げると、アパートの窓に明かりがともり、一人の住人が窓を開け、ジェノヴィースを離すよう怒鳴った。モースリーは住民を見上げ、肩をすくめると、ジェノヴィースから離れ、自分の車まで歩いて行った。しかし、窓の明かりが消えると、モースリーは、また向きを変えて、自分の部屋に帰ろうとしたジェノヴィースを再度刺した。ジェノヴィースは再び叫び声を上げると、建物の明かりがともった。モースリーは自分の車に乗って立ち去った。だが、その後モースリーはジェノヴィースのもとへ戻り、首などを刺す致命傷を負わせた。その後、同じアパートに住む男性が警察に通報したが、彼女はすでに亡くなっていた。事件から6日後、モースリーを逮捕し、起訴した。裁判の結果、一審では死刑を宣言されたが、二審では終身刑となった。

脚注[編集]

  1. ^ A Picture History of Kew Gardens, NY – Kitty Genovese–” (2008年8月17日). 2008年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月28日閲覧。

参照文献[編集]

A.M.Rosenthal 『38人の沈黙する目撃者 キティ・ジェノヴィーズ事件の真相』 田畑暁生訳、青土社、2011年6月10日、初版。ISBN 978-4791766086